医療管理学(Health Care Management)

カテゴリー : 医療サービスイノベーション

Cornell University Best Graduate HCM Program

<コーネル大学>

このところ、大学院で医療管理学(Health Care Management)を学びたいという何人かの奇特な人に遭遇。いろいろ進路相談などに乗っている。事情やニーズは個別に異なるのだが、アドバイスとなると共通点も多いのでちょっとまとめておく。

看護管理や病院管理、そして経営学、社会学、政策分析学、公衆衛生・・・・こういったバックグラウンドを持つ人が経営や政策の方向でキャリアを積みたい場合はフィットする。

今や国内で医療管理学(医療経営学、医療政策管理学、健康管理学など呼称はさまざま)を研究したり、教えたりする大学院はわずかずつながらも増えつつある。英語はさっぱりダメ、日本国内に限定してドメスティックにキャリアデザインしたい人、グローバル体験回避組、とりあえずの意識高い系(?)にとって受け皿になっている。

英語がある程度できて、日本にとどまらずグローバルなキャリアを追求したい人、輸入学問に飽き足らずsocial scienceの本流で医療管理学を学びたい人にとって、英語圏のプログラムは魅力的だろう。このようなまとめサイトもある。Top 25 Graduate Healthcare Management Degrees in 2015

母校のコーネル大学のheath managementプログラムもTop6ということでなかなか健闘している。

日本国内の閉じた学問ではなく、もっと普遍性のある視野で医療管理学を勉強したい、Global Healthという視点で学びたい、かなり英語ができるっていう人、留学できるだけの資金の算段のある人にとっては英語圏の大学院プログラムがオススメだ。

日本人の日本人による日本人のためのという、ドメスティックで内に閉じた和製学問では、普遍性や国際比較、学問的言説バトルからは隔絶していて、普遍性も「ふ」の字もない。グローバルな場で鍛錬したい向きには、やはり英語圏の大学院を薦めたいものだ。

また新自由主義や市場経済政策のもとで私有材化しつつある、「市場化」された医療サービスの矛盾や健康格差を本場で見極め、批判的な視点さらに先鋭化させたい人達にとっても案外、これらのプログラムは反面教師という意味合いでよいのかもしれない。