第6講:語られ得ぬ法華経の来歴

カテゴリー : イノベーション

 「法華経」は、だれによって、なぜ、どのようにして書かれたのか。「諜報謀略論」の視点からこの問いに答える試みは本邦初と思う。諜報謀略論は新たな発 見や異質な発想をもたらし、奇想天外、意外なことがらを浮き彫りにする。そこから、人の心を揺さぶるインテリジェンスの粋を感じていただきたい。

分裂したグループが法華経を創作した

 そもそも啓示宗教であるユダヤ・キリスト教では、経典テキストを確定するために並々ならぬ努力がなされてきた。そして確定された経典テキストに対する解釈の違いが公会議で議論され、正統・異端を生んできた。

 だが仏教では、仏陀入滅後、経典テキストを確定するために「結集」(数百人の僧が集まって経典の内容を議論する会議)が数回開かれたが、その後はかなり 自由に経典テキストが創作された。経典テキストの創作が自由ならば解釈も自由。だから、ユダヤ・キリスト教の言説に起こったような正統・異端の議論をその まま単純に仏教に当てはめることはできない。

 さて、このような実情を基本としながらも、法華経創作の背景には、当時のインドの社会経済事情と仏教教団が抱えていた問題がからんでいる。社会が複雑に なれば、人の悩みも複雑になる。そんな人々の悩みに対して、仏教はどう行動すべきか。民衆に対して新しい仏教をアピールする必要性を、伝統的なグループ 「上座部」から分離した改革派の「大衆部」は痛感していた。

 しかし、大衆部は「戒」(仏教信者の行動規範)のみならず、上座部の経典(正統・保守系)を使用することはできない。そこで、大衆部は思案した。つま り、読んでいてあまりメリハリがなく、面白くもない上座部の経典よりも、「情感に満ち満ちた、きらびやかな描写、臨場感、躍動感溢れる言説でマーケティン グしたほうが、仏教を普及させるという大義に沿う」と考えたのだ。

 このような事情のもとで、法華経を含む大乗経典が創作された。例えるなら、法華経は仏教教団という秩序と社会のカオスの縁から生まれた突然変異のようなものである。

法華経と原始キリスト教との奇妙な符号

 ただし、突然変異と言っても、瓢箪(ひょうたん)から駒のように法華経がポンと出てきたわけではない。実は、大衆部の僧らがあるものを参照した(影響を受けた)と考えられている。それは、原始キリスト教の福音だった可能性がある。

 こう言ってしまうと、「仏教のなかにキリスト教が入っているわけがあるまい!」「そんな、とんでもない!」という反応もあるだろう。

 しかし、一概にそうとも言えない理由がある。ちょっと面白いので紹介させていただく。「法華経」をフィクション・ライティングしたときに参照したのは原始キリスト教だったということの根拠として、(1)時代背景と(2)「法華経」の論理構成をあげてみよう。

 まず時代の背景。西暦50年から150年にはキリストの十二弟子の一人のトマスがインドに布教に来ていたとされ、原初的形態をとどめた原始キリスト教(現在よく見る西欧化、白人化されたキリスト教とは異なる)が急速に教線を拡大していたのである。

 傍証をあげる。現在でもインドのケララ州に行けばトマスが建てた教会堂が公式に保存され、口承、口伝のたぐいがたくさん残っている。法華経の成立時期とトマスによるインドへのキリスト教伝道の時期は符号するのである。

 次に論理構成。拡大著しい新興宗教のキリスト教の隆盛を横目でみながら、「法華経」フィクション・ライターはキリスト教の言説戦略を大いに参考にした可能性が高いのだ。法華経の論理構成と初期キリスト教の福音の論理構成は同型だからである。

 法華経は「一乗妙法」を説く。すべての人々を平等に救済する唯一の教えであるとしている。法華経は「久遠本仏」を説く。これは永遠の救い主が仏であると いう宣言である。法華経は「菩薩行道」を説く。法華経の教えを一生涯かけて他者に伝道することがなによりの救済への道だという教えである。

 法華経は、一乗妙法、久遠本仏、菩薩行道を、法華経の真実性、絶対性、優位性とともに、これでもか、これでもかと繰り返し説く。この経典を読む人間は、 法華経のゆらぎの世界に心酔し、魅せられる。このテキストは読む者を引き込み、法華経の内在的論理、情念を信者に浸透させる工夫に満ちている。その意味 で、たしかに法華経は創作仏教経典における画期的なイノベーションだった。

 イエス・キリストのみを救い主として心の底から信じ、十字架による罪のつぐないを受け入れ、確信し、ひたすらイエス・キリストを信じ、その教えを他者に伝えることで誰もが等しく救済されると福音書は説く。法華経と福音書の論理構成は同じなのである。

 法華経の構成論理は、上座部系の経典には全く見られず、仏教の脈絡からは隔絶したものであり、かつ福音書の論理構成と同型である。ゆえに法華経の構成論 理は仏教本来の思考様式から生まれたものではなく、外部の福音書に本源があり伝播した可能性がある。この仮説をにわかに「とんでもない考え」として排除は できないだろう。

 カオスの縁には新たな知識の創発、突然変異が頻繁に立ち現れるものだ。法華経は、こうしたカオスの縁に突然発生したゆらぎのようなものだ。このゆらぎは、めぐりめぐって後世に多大な混乱をもたらすことになったのだが。

「如是我聞」という虚偽の文言

 創作物語としての法華経は原始キリスト教の福音から伝播された論理構成を利用して生成されたと考えることができるだろう。しかし、状況証拠が中心で、立証に必要十分な根拠が整っているとは言えないので、ここでは原始キリスト教伝播説をいったんは横に置いておこう。

 しかし、法華経に多用されている「如是我聞」という虚偽の文言には逃げ道がない。この点は非常に重要だ。

 「法華経」フィクション・ライターは、独自のストーリーを作り上げ、「如是我聞」=「是くの如く我聞けり」=「私はこのように直接お釈迦様からお聞きし ました」と虚偽の言説を埋め込んだのである。仏陀直説の正典に見せかける偽装工作と呼ばれてもしかたがあるまい。結果として、「如是我聞」というフレーズ は、おおいなるノイズとなったのだ。

 お釈迦様から直接聞いてもいないことを、勝手に聞いたことにしてしまった。諜報諜略論の立場から厳しく言えば、法華経は当事のインドの布教対象の民衆に対する欺瞞(ぎまん)工作の産物であり、未来に向けた共同謀議のノイズだったのである。

 もっとも、今も昔もインドというお国柄は歴史を事実に基づいて記述するという民族意識は希薄のようだ。なんでも混ぜこぜにして未来に向かって解き放つ、 おおらかな文化基盤に立っている。だから「法華経」フィクション・ライターには、欺瞞や共同謀議をしでかしたという意識はあまりなかったのではないか。カ オスの縁にいた大衆部にとっても、法華経が未来に向かってどのような影響を及ぼすかについては、予測できなかったとみるべきだろう。

 むしろ、仏教を再構築して、変化する社会の悩める大衆に対して、救済の手を差し伸べようという宗教的情熱が行き過ぎたのかもしれない。そこに上座部へのねじれた感情が作用して、ことに及んだのかもしれない。

「如是我聞」の謀略効果は甚大極まる

 さりとて、隋の時代に全仏教経典の価値を調べた智顗(ちぎ、538 – 597年、天台智者大師)、そしてそれ以降の仏教者は、「法華経」フィクション・ライターの、無邪気といえば無邪気、狡猾といえば狡猾、遊び心といえば遊 び心から作られた欺瞞工作のようなゆらぎ、ノイズにはまってしまった。智顗は非常に実直な人物で、カオスの縁にいた大衆部の心性、法華経に埋め込まれたゆ らぎ、ノイズを見抜けなかったのだろうか。

 インドの「法華経」フィクション・ライターの共同謀議による経典捏造(ねつぞう)の社会的インパクトは広大無辺といっていほど甚大なものであった。仏教 経典のデファクト・スタンダードとして、ユーラシア大陸東部のほぼすべての地域で広く流布し、漢語はもちろんのこと、チベット語、ウイグル語、モンゴル 語、満州語、朝鮮語にまで翻訳されて、異言語、異文化へ伝播した。2000年という長きにわたる歴史に浸透させることに成功したからだ。ユーラシア大陸の 東端を越え、日本でも大きな影響を及ぼしたことは前回述べたとおりである。

 「北京で今日、蝶が風の中で羽ばたいて空気をそよがせるとすると、それが1カ月後にニューヨークで嵐となる」という例え話がある。このような現象はバタ フライ効果と呼ばれる。カオスの特徴としてよく言及されるため、聞いたことがある読者もいるだろう。バタフライ効果とは、初期値の小さな差が思いもよらぬ 差となって結果に表れることを指す。

 1900年くらい前に、「如是我聞」という4文字が物語に加えられ、それが仏教経典になった。約1900年後に、遥か東方の日本で選挙が行われ、その仏 教経典をかつぐグループに関連する政党が政治の動向を左右している。事後的に歴史を振り返れば、法華経の来歴にはありありとバタフライ効果が見てとれる。

 当初、予測されていなかった運命をたどることになった法華経。わずかな創作というゆらぎが、めぐりめぐって、時代を超えて、途方もない大変異を多様な地域に及ぼしたのである。

インテリジェンスが増幅させた歴史的バタフライ効果

 この欺瞞工作、ノイズ挿入を仕掛け、後の世に途方もないバタフライ効果を放った一派は、天才インテリジェンスの集団である。

 「いったい何千万人、何億人の人々が法華経を読み、心が救われ、法華経のかなたに極楽浄土を夢見ながら死んでいったのか」と想いをめぐらせてみても、だ まされた後味の悪さをおぼえるというより、空しさが残るだけだ。事実として、法華経は仏陀の直説と信じられ、信仰されてきたからだ。

 現在インドにおいては、仏教は衰微してヒンドゥー教に取り込まれている。もちろん法華経の人気もからきしない。一方、日本では、法華経が歴史的なバタフ ライ効果により興隆した。法華経を創作して後世に伝播させたインテリジェンスの天才達は極楽浄土からこの不思議な風景を見下ろしてニヤニヤ笑っているのだ ろうか。あるいは地獄に堕ちて、事の顛末を見上げて苦しみもがき懺悔しているのだろうか。

 人間の行動様式を規定する宗教の中には、機微に触れる高度なインテリジェンスの足跡を数多く発見することができる。そして高度なインテリジェンスは経営 にも求められる。ゆえに、インテリジェンス経営を目指す経営者は、自覚的に身の周りの宗教に触れてみることをお勧めする。そこには「人を心から動かせる文 化、仕組み」があり、経営者として宗教から学ぶものは大きいのである。

 

引用:諜報謀略講座 ~経営に活かすインテリジェンス~ – 第6講:語られ得ぬ法華経の来歴:ITpro

第5講:仏教に埋め込まれたインテリジェンスの連鎖

カテゴリー : イノベーション

 前回、仏教に縁のある厩戸皇子(聖徳太子)と秦氏について語ったので、このあたりで世界3大宗教の一角を占める仏教を諜報謀略論の俎上にのせる。抹香臭 い話はさておき、仏教の歴史に埋め込まれたインテリジェンスを解きほぐしていきたい。近現代の社会に甚大なる影響を及ぼした仏教思想の底流には、「個人、 企業、国家の方針、意思決定、将来に影響を及ぼす情報・知識を収集し、活用する」というインテリジェンスの連鎖が存在する。

 

宇宙の不変法則を説いた仏教

 まずは仏教の基本から。仏教とは歴史的に実在した仏陀釈尊が説いた法と教えを実践する宗教である。シャカ族の王子、ゴーダマ・シッダールタは放浪の旅に 出て悟りを開き、釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)と呼ばれるようになった。一神教では「God」が真理だが、釈尊は宇宙の不変法則(因果律)をダルマと とらえ、それを真理とした。

 では、仏教の真理とは。
これあれば、かれあり。これ生ずれば、かれ生ず。
これなければ、かれなし。これ滅すれば、かれ滅す

諸行無常 → 万物は常に変化して終わりがない。
諸法無我 → 万物は「因縁」の作用によって生じるので実体、実在はない。
涅槃寂静 → 煩悩が吹き消された悟りの世界(涅槃)は最高の安らぎである。
一切皆苦 → すべては苦である。

 最初の3つの命題が三法印で、一切皆苦を加えて四法印という。以上は教えである。釈尊は、輪廻転生からの解脱を最重視し、プラクティカルなメソドロジ (修行法)を残している。四念処法、四正勤法、四如意足法、五根法、五力法、七覚支法、八正道、である(雑阿含経「応説経」)。例えるなら、専門職大学院 の7分野における全35講座の実践的なトレーニング手法のようなものである。

 以上が本来の仏教の基本の基本なので、ぜひ覚えておこう。

 さて、釈尊の入滅後、100年くらい経ってから仏教教団は分裂した。「上座部」という伝統的秩序を保つ集団から独立して、新しく改革派の「大衆部」とい うグループが形づくられたのだ。これを仏教学の分野では根本分裂という。仏教学者の中村元が推察するように、当時のインドでは、農業、商工業、人々の往 来、貨幣経済が急速に発達しつつあり、格差も広がり社会状況が混沌の様相を呈し始めていた。

 その後、教団は様々な部派に分岐。それに伴い、いろいろな経緯があり、たくさんの経(経典)や論(論文、学説)が創作され世に出てきた。法華経が書かれ たのは、釈尊滅後からほぼ500年後のことで、紀元前50年から紀元前150年くらいのことである。そして創作された多くの経や論は北の方向に伝わって中 国へ伝搬した。

 

仏教の普及を促した、天台智者大師のインテリジェンス

 時は経て、隋の時代の中国。智顗(ちぎ、538 – 597年、以下尊称の「天台智者大師」とする)は、インドから中国に伝わってきた仏教経典に精通する博覧強記の僧である。

 お釈迦様が説いた言説を記録した経典はすべて尊いはずなのだが、あまりにも膨大で、短い一生ですべての経典を読むことは凡人ではできない。どの経典にプ ライオリティを置いて読んでいったらいいのか。信者にどのように説いたらよいのか。天台智者大師は、このような切実な疑問と課題に直面した。

 そこで七難八苦の末、天台智者大師は、仏教の全仏教経典の価値を判定したのである。これを教相判釈(きょうそうはんじゃく)という。経典の品定めである。ただし「大きな前提」を天台智者大師は設定した。

 すなわち、「すべての御経はお釈迦様が説いたことがらを記述した正当なテキストである」と。

 この大前提のもとで、天台智者大師は次のように経典の価値を判定した。お釈迦様は、最初に華厳経をお説きになった。その教えが難しいため人々が理解でき なかったとして、次に平易な阿含経をお説きになった。そして、人々の要望に応じて、方等経、般若経をお説きになった。最後の8年間で法華経と涅槃経をお説 きになった。そして入滅の前、最後に説いた法華経がお釈迦様の最も重要な教えであるとした。これを五時教判(ごじきょうはん)という。

 天台智者大師ほどの高僧が苦心してこのような結論を下したので、隋の仏教界はもちろん、大方はその教えに従った。そして遣隋使や渡来民を通して仏教を摂 取した日本も、天台智者大師の教えに沿って仏教を信仰するようになったのである。606年に聖徳太子(厩戸皇子)が法華経を講じたと日本書紀は伝えてい る。

 仏教伝来前の日本には輪廻転生の思想はなかったので、日本仏教は「輪廻転生からの解脱を図る」という、そもそもの仏教の目的からズレてゆくことになる。

 それ以降、華厳宗、法相宗、律宗、天台宗、日蓮宗、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗、融通念仏宗、浄土宗、時宗、浄土真宗、真言宗をはじめとするいろいろな仏教 の宗派が生まれた。仏教は今も昔も世界宗教ではあるが、昔のほうが、ワールド・バリュー(世界価値)として慄然と光り輝いていた。

 特に日本では法華経の人気が高い。法然、親鸞、日蓮など鎌倉仏教の祖師も法華経をひたすら信じて、信仰した。曹洞宗の祖師である道元は、「只管打坐」(ただひたすら坐禅すること)を成仏の実践法として重視したが、その教学的裏づけは法華経に立っている。

「農業・商業=仏行」という仕掛け

 平成の現代においても、法華経を信仰する仏教教団は非常に多い。天台智者大師の教相判釈に加え、法華経はわかりやすさ、直裁さ、強烈さ、美しさが民衆の心をとらえる。法華経には、情念の深いところに染み込むように魂を奮い立たせるような力さえある。

 法華経は長い歴史を通して、大きな影響を日本社会に与えてきた。

 天台智者大師の法統と血脈(けちみゃく)を継承する最澄は、当然のこととして法華経を根本聖典とした。その後、鎌倉時代の宗教改革者、日蓮は「南無妙法 蓮華経」と唱えさえすれば仏性を得ることができるとして、“時代に対するレジスタンス”と宗教的情熱をもって説きまわった。

 江戸時代には、鈴木正三(1579 – 1655年)が「仏法と渡世の術は同じで、各々の職分の中に仏法を見出せ」と説いた。これは職分説と呼ばれる。「一鍬一鍬に、仏を唱えて耕作すれば、必ず 仏果に至る」と農業即仏行を説いた。また石田梅岩(1685 – 1744年)は、享保年間、拝金主義や贈収賄の風潮が世の中全体を覆う中、「商人の売買は天の佑け(助け)」「商人が利益を得るのは、武士が禄をもらうの と同じ」と述べて、倫理に根差した商行為の正当性を説いた。「商人は二重の利を取り、甘き毒を喰らい、自ら死するようなことをしてはならない」と説いた。

 正三、梅岩は法華経を頻繁に引用しているので、法華経は行動様式の側面から間接的に日本資本主義の成立に寄与している。ちなみにアメリカの社会学者ロ バート・ベラーは、梅岩の「倹約の奨励や富の蓄積を天命の実現と見る考え方」をマックス・ヴェーバーが「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で とらえたカルヴァン主義商業倫理と同型とみなしている。

 

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に観音菩薩の姿を見る

 宮沢賢治も激しく日蓮を敬慕する法華信者であった。特に賢治は「観音経」に強く傾倒した。「観音経」は、「法華経」の「観世音菩薩普門品(かんぜおんぼさつふもんぼん)第二十五」の略称だ。

 観音菩薩は、さまざまな姿に変身して、すべての人々のあらゆる悩みや苦しみを救ってくれる万能の救済者である。「雨ニモマケズ」は、この万能の救済者を モチーフに、「現実世界で素朴に生ききりたい」と強く、純朴に念じる、賢治の内部世界の文学的自己表出である。ちなみに英語世界に向けてロジャー・パル ヴァースは「雨ニモマケズ」を“Strong in the Rain”と訳して大好評を得ている。

 2.26事件の北一輝や、A級戦犯の大川周明など国粋主義憂国の烈士たちも、日蓮宗の信徒として『立正安国論』に依拠して法華思想に傾倒した。アジア、 日本を植民地化しようと目論む西洋列強を「野蛮の外夷」と呼び、日本を法華経の仏国土と見なす国粋主義日蓮宗のイデオロギーは、近代日本の排外主義にもつ ながっている。日本書紀の「掩八紘而爲宇」を援用して、八紘一宇・五族協和思想を説いた田中智学(たなかちがく)は、立正安国会を設立、後の国柱会となっ てゆく。

 これらの系譜の中心的教義も法華経である。賢治のほかに、高山樗牛や石原莞爾も国柱会の主要メンバーだった。石原莞爾は弁証法的戦争論を書き記し、実践 した日本帝国陸軍の戦略家である。石原の戦争を弁証法的に論ずる「最終戦争論」は英訳されて欧米の軍事学大学院でも熱心に読まれている。

 このように法華経はジャパナイズされた日本仏教の系譜はおろか、後世の日本資本主義成立という一大事、その後の政治経済、昭和の改革運動、国粋主義の展 開、八紘一宇・五族協和思想を背景にもつ満州国建国にまで深く、広く影響している。戦後は、法華経系の新興宗教が多数設立されるなど、日本社会全体に対す る影響力は大きかった。

 

仏教の“ウソ”を見抜いた富永仲基の大乗非仏説

 しかし、天台智者大師が設定した「大きな前提」、つまり「すべての御経はお釈迦様が説いたことがらを記述した正当なテキストである」は、実は間違いだった。近年、内外の研究成果により判明した。日本に伝わった中国経由の仏教の正当性、正統性が問われる一大事である。

 日本国内の科学的仏教研究家として際立つのは富永仲基(とみながなかもと、1715 – 1746年)である。彼は「出定後語(しゅつじょうこうご)」で大乗非仏説を合理的に論証してみせたのだ。富永仲基が用いた加上説とは、後代に生まれた学 説はその正当性を示すために、必ず先発の学説を抜こうとして、より古い時代に起源を求め、複雑さを増すというある種の法則である。

 仲基は加上説をフル活用して、より古い経典の教説に異なった教説を加上(累積的に加えながら)しながら発展してきたことを実証的に分析した。その合理的 な分析の結論として、大乗仏教の経典は後世に創作されたと主張したのだ。仏教界は論理的に反論することなくいきりたち、彼を排撃し、のちには黙殺した。

 富永仲基はオシント(一般公開情報)を用いた文献考証の天才である。天台智者大師でさえも気づかなかったことを論理の力で立証した業績は特筆ものだ。そ して次に述べる欧州の仏教研究に先駆けて通説を真っ向から否定し、大乗非仏説を論考した鋭い洞察力は日本の誇りとなるはずであった。

欧州の仏教学者も「偽物」と判定

 さて海外の研究成果は、明治時代に、欧州の仏教研究から生まれた。経典宗教であるユダヤ教、キリスト教の宗教学的研究はテキスト・クリティーク(史料批 判)と呼ばれる経典テキストの真偽判定、来歴判定、本源性判定を徹底的に行う。欧州の研究者たちは、この手法を容赦なく仏教テキストにもあてはめたのだ。

 富永仲基が没してから1世紀以上経った1876年、南条文雄(なんじょうぶんゆう、1849 – 1927年)という仏教者がサンスクリット(梵語)研究のため渡英し、オックスフォード大学のマックス・ミューラーのもとでヨーロッパの近代的な仏教研究の手法を学んだ。

 その過程で南条文雄は、欧州の仏教研究者が法華経を正統な仏教経典として扱っていないことを知った。欧州の仏教研究では、サンスクリット語やパーリ語で 書かれた原始経典に重きを置いていた。厳格なテキスト・クリティークの結果、なんと法華経はフィクション(創作、偽作)との烙印を押されていたのである。 富永仲基が得た結論は日本で黙殺されたが、欧州仏教学は富永仲基と同じ結論に到達していた。

 南条文雄は真実を知ってとても複雑な気持ちになった。法華経は、仏陀直説の教えではなく、全く別のフィクション・ライターが書いた偽作だと欧州でも念を 押されたのだから。1世紀以上も前に、富永仲基を排撃・黙殺した日本仏教界のエキセントリックな行為も南条文雄は知っていた。

 いずれにせよ、内外の学問研究によって法華経は仏陀釈尊直説を記した経典ではないということが歴然と判明している。だが、自らの存立に影響する重大な学問的成果に対して、日本の大乗仏教界の反応は鈍かったし、現在も鋭敏ではない。

 

それでも大きな影響力を及ぼした仏教の本当の力とは?

 それまで真であると信じていたことが、実は真ではなかった。日本の仏教徒は、ある意味、偽物の経典を信じて(信じさせられて)きたことになる。そして法華経の影響は、仏教界はおろか、政治、経済、教育の諸制度にまで甚大に及んでいる。

 後味がよくないこと、このうえもない。このように、およそ真でなく誤謬を含むものごとも、デファクト・スタンダードになることがある。

 “de facto”とは「作られたるがゆえの」を意味するラテン語だ。ある時代の人材がインテリジェンスをもって次の世代に熱烈な信仰者を生む仕組みを作り、そ こから新たな才能を持つ人材がまた別のインテリジェンスをもって次の世代の熱烈な信仰者を生む仕組みを作っていく。この精巧なインテリジェンスの連鎖によ り、時代や地域を超えたデファクト・スタンダードを作り上げる「強い力」が生み出された。

 次回は、法華経が書かれた当時、釈尊滅後からほぼ500年後の諜報謀略について少し掘り下げてみよう。

 

引用:諜報謀略講座 ~経営に活かすインテリジェンス~ – 第5講:仏教に埋め込まれたインテリジェンスの連鎖:ITpro