フィンランド産業のコメは起業&イノベーション

カテゴリー : アントレプレナーシップ

ムーミンを生んだ国、フィンランド・ウオッチャーとしても今年は記念になる年だ。

Global Competitiveness Report 2012-2013によると、フィンランドのThe Global Competitiveness Indexは堂々の世界3位だ。日本は10位。フィンランド国内の市場は小さく世界54位、日本は4位。フィンランドはのHigher education and training は世界1位、日本は、21位。フィンランドのイノベーションの活発度は、世界2位、日本は5位である。

人口5.6百万人のコンパクトな国ながらも一人当たりGDPはUS$49,350。フィンランドが「産業のコメ」として重視しているものが、起業とイノベーションである。コモディティ化した鉄や半導体ではない。起業とイノベーションが、フィンランドの産業社会を駆動するエンジンだ。

OECDは政策策定や評価にあたって、起業とイノベーションを表裏一体のシステミックな社会的な現象ととらえていて、起業政策とイノベーション政策を隣接した位置づけで括っている。

300万人~1000万人の人口で、国内経済規模は小さく、人件費は高く総じて高コスト体質。でも高コスト体質をカバーする高い付加価値を生み出す高生産性のヒューマンリソースをしっかり育成している国が、現在の高付加価値先進国だ。そのような国は、ビジネス環境、住環境ともに良質で、世界のグローバル企業の幹部、研究者、起業家、留学生、専門職を吸引することができる。

そして、これらのリソースを活用して高い付加価値のモノコトを創りだして、世界に向けてブランド、ソリューション、人材を送り出すことができるのが、高付加価値国家の姿だ。

フィンランド以外にも、スイス、スウェーデン、デンマーク、シンガポール、ニュージーランドなどが入る。これらの国々は、脱工業化しており、ヒューマン・サービス先進国でもある。

ちなみに、目利きの大前研一氏も、これらの高付加価値先進国に注目しているようで、最近、「クオリティ国家という戦略」という本も出している。

大前さんの本には、詳しくは書かれていないことだが、このようなコンパクトな先進国が政策的に重視しているものが2つある。高付加価値国家の「産業のコメ」--それはコモディティ化した鉄や半導体といったモノではなく、起業とイノベーションだ。とくにノルディックの国々は、サービス先進国なので、必然的に、ヒューマン・サービス分野の起業、サービス分野のイノベーションに重点が置かれている。

起業政策(Entrepreneurship policy)とは、主に新しい起業家の出現および新しい企業のスタートアップや成長を促進するサポートシステムや環境作りに関することである(Lundstrom and Stevenson 2002, 2005)。かたや、イノベーション政策(Innovation policy)とは、新たな知識の創造、政府によるイノベーションへの効率的な投資、知識や技術の普及に向けたイノベーション・システムにおける各プレイヤー間の結合の改善、経済価値やビジネスとしての成功に向け知識を変換させていくための民間企業へのインセンティブの設定に関することである(OECD2002, p19 Commission of the European Communities)。

よく知られてるように、フィンランドはGDPに占めるR&D費用の割合も高く、また失業率も近年は下がっているようだ、ところが、1990年代より上記のような起業家政策を増加させているにもかかわらず、初期段階の起業活動は活性化していないようだ。

さらに、フィンランドの起業家は他の北欧諸国と比較して成長志向に乏しいとも言われている。起業の環境は整っているが、フィンランドは起業および高い成長志向の文化を促進することに成功していない、との批判もあるようだ。

いずれにせよ、国と国、地域と地域の社会制度、パフォーマンスを比較考量するデータは、20年前の比でない。マクロ的なデータによって俯瞰して、聞き取り調査、フィールド調査によって個別の事情に分け入っていけば、短期間に面白いリサーチができそうだ。

 

ワーク・シフト

カテゴリー : No book, no life.

こないだLondon Business SchoolでMBAを取った友人と酒を飲みながらワイワイ雑談していたら、この本の著者リンダ・グラットンの話になった。

おいおい、その友人は20数年前に、直接若かりし頃の女史が講ずるOBやHRMの授業をとったことがあるそうだ。また、ちょっと前に日本にやってきてLBSの日本同窓会などで精力的に講演などを行っていたそうだ。

そうなんですか!それやこれやで、この本のことを想い出した。

この本で特に印象に残っているのは、第5章のコ・クリエーションの未来から以降だ。キャッチーなco-creationなる用語をうまく使っている。つまり、co-creationのモトとしての資本論。仕事の世界で必要な3種類の資本(p232)として、①知的資本、②人間関係資本、③情緒的資本を上げている。知的資本はコンピテンシー、人間関係資本はネットワーキング、情緒的資本は、ダニエル・コールマンのEQ論などにも通じる内容だ。

カリヨン型のキャリアツリー(p294)は、「精力的に仕事に打ち込む期間と、長期休業して学業やボランティア活動に専念したり、仕事のペースを落として私生活を優先させたりする期間を交互に経験し、ジグザグ模様を描きながら仕事へのエネルギーや技能を高めてゆく」という生き方だ。共感しますね。

第9章では、孤独な競争ではなく、仲間と協力して起こすイノベーションが説かれている。イノベーションの当事者は起業家だ。そのミニ起業家(p208)が活躍する静態系には「自己再生コミュニティ」(p309)が必要だという考えかた。「自己再生コミュニティのメンバーとは、現実の世界で頻繁に会い、一緒に食事をしたり、冗談をいって笑いあったり、プライベートなことを語り合ったりして、くつろいで時間を過ごす。生活の質を高め、心の幸福を感じるために、このような人間関係が必要になる」

ポッセ(p311)とは、「頼りになる同士」、つまり、難しい課題や問題解決に際して、頼りになる専門性を持つ仲の良い知人・友人のこと。実は、SNSなどバーチャルに弱く薄く繋がる表層的な「知り合い」よりも、自己再生コミュニティやポッセが重要なんですよーーー、そんな主張が、かなり個人的な話を織り交ぜて展開してゆく。

とても示唆に満ちた本ですね。あまり新刊本は読まないのですが、OBやHRMは専門隣接領域なので、はやり、欠かせません。セルフ・ヘルプ、起業、サービス・イノベーション、価値共創、仲間づくり、健康的な生活をする、キャリア開発・・・などの文脈で読んでもとても面白いと思う。いい本はいろいろな文脈で読んでみて、多様な読後感を残してくれます。

以下は第1章を中心としてBiz Generationのサイトがまとめたもののコピペです。

                            ***

1.テクノロジーの変化

 アフリカでは、マサイ族が携帯電話を使っていること、教育のIT化が進んでいることなどを例に挙げつつ、テクノロジーが社会に影響を与えていることを述べた。

2.グローバル化の進展

 リンダ・グラットン教授の住むロンドンでは、イギリス人だけでなく、他の人種も増えていることを例に挙げていおり、その流れは企業にも、多様性を求め始めるだろうと述べた。日本では、まだ人種の多様性はあまりないが、長期的には、そのような傾向は持続せず、日本でも多様化していく傾向にある。

3.人口構造の変化と長寿化

 日本の高齢化は社会問題と化しているが、これと全く同じ事が20年後の中国でも起きるだろうと予測。自分が年を取った時に何をするかを考えつつ、仕事への取り組み方を変えるべきであろうと言う。

4.社会の変化

 デンマークでは単身世帯の方が、複数世代で暮らしている家庭よりも多いことや、離婚の増加などを例に挙げつつ、社会の変化を取り上げた。

5.エネルギー・環境問題の深刻化

 第一の資源は石油ではなく「水」であるとし、地下からの水はもう底をつき始めていると言い、将来は水という資源と二酸化炭素に悩まされる社会になるという。 

                             ***

フィンランドの国家イノベーションシステム

カテゴリー : No book, no life.

アメリカで大学院生活を送っていた時、サマー・インターンでヘルシンキ大学にしばらくいたことがある。その時は、健康・医療・福祉政策と現場のプライマリーケア・デリバリーシステムの関係の変化を重点的に調べていた。そんなこともあり、米国、フィンランド、日本のイノベーションの比較にずっと興味を持ってきている。

国ごとに、イノベーションの創発システムが異なり、そのシステムを比較検討し、差異や共通点を明確に認識することによって、イノベーション政策や企業経営、そして教育などに役立ててゆこうとする立場から支持されている考え方が”National Innovation System”だ。

この本を読むとよくわかるが、フィンランドを含むノルディックの研究者たち(ノルディック圏に包摂してNordic schoolという呼称さえもある)の視野は広い。経済学、政策、公共経営、企業経営、教育学、文化人類学、行動科学、心理学、アントレプレナーシップ、政治学など、社会科学全般の知見を動員しながらシステミックにイノベーションのあり方を論じている。

これは、ともすれば工学、エンジニアリングの狭義ものつくり系から唱導されることが多かった日本的なタコツボ・ステレオタイプ、つまり、「技術革新=R&D=イノベーション論」には見当たらない視野の広さだ。

<日本語版も出ている。訳者の森勇治先生からいただいた一冊。>

さて、日本語にも翻訳されている「フィンランドの国家イノベーションシステム:技術政策から能力開発施策への転換」の著者Raijo Miettinenは3年前に、日本に来て、早稲田大学で講演したおり、いろいろインサイトフルな意見交換をさせてもらった。フィンランド・メソッドと呼ばれる、この国の教育方法は創造性を拡大するとのことで、世界的に注目されている。そしてイノベーション教育にとっても斬新な光をあてる手法として注目されてきている。

Raijo教授の面白いところは、みずからを経済学者でもなく政策科学研究者でもなく、工学系研究者でもない「外部者」としてイノベーションという社会現象を相対化させて俯瞰、観察する視点だ。その文化心理学という異界の外部者が、知る人ぞ知る、かのフィンランド技術研究センター(VTT)の技術研究グループでイノベーションのプロセスとネットワークについて研究したことが、この本の背骨になっている。

くだんのNational Innovation Systemという概念は、結局のところ、「トランスディスカーシブ(trans-discursive)」なものだとするのが、この本のキモ。National Innovation Systemに含意されるものは、トランスディスカーシブだ、つまり、キャッチ―であるものの、実のところ、散漫で漫然として、取り留めもない概念でありながらも分野超越的に好まれ多用されることで根拠なき支持を得てきた、いわゆる科学技術畑、科学政策畑の研究者、行政担当者などが、”political rhetoric”として言説空間に散りばめるには便利な言葉ーーーとして捉えている所だ。

卓見ですね。

さて、フィンランドの人口はたったの530万人だが、1人当たりGDPは48,000ドルで世界13位。ちなみに日本は45,000ドルで17位。世界経済フォーラム(WEF)が毎年発表する国際経済競争力の順位で、2001年から2004年までと4年連続首位となったあたりから、俄然、国際的に注目されるようになってきている。

このところ、健康・医療・保健分野のサービス・イノベーションを追っているのだが、フィンランドのプラクティスを今一度、調べている今日この頃。

起業家助産師

カテゴリー : 医療サービスイノベーション

社会貢献活動の一貫として、日本助産師会などで、助産師の起業や院内起業=院内助産師施設の立ち上げなどについて何回か講演してきた。

その聴衆の中に、目を輝かせながら参加している国保旭中央病院の元・看護部長の斉藤葉子さんがいた。以前、この病院の経営アドバイスに関与していた頃、昵懇の仲だったのでとても懐かしかった。

その彼女がとうとう、助産院を助産過疎の地域で立ち上げ、開業する運びとなった。おめでとうございます!そのニュースは「香取唯一の出産施設開設」にも紹介されている。

定年退職しても、①涸れないモチベーションの泉から沸々と湧き出る意欲、②専門的技量、④自分が創りだすべき役割への問いかけ、⑤時代への真摯な問題意識、⑥スキル、知識を含むコンピテンシーがあれば、クリエーティブな個人は、瑞々しい文脈を創り上げ、そこに、いろんな資源、つまり、ヒト、モノ、カネ、情報、知識、時間、空間を呼びこんで、大いなる橋渡し(トランスレーション)を実現させ、さらに新しいコンテキスト=文脈をつくってしまう。自己表現欲求を社会に親和的に表出することができるのだ。

齊藤さんに、そのような溌剌としたクリエーティブな起業家精神に満ちた起業家の姿を見る思いだ。

今後、日本の人口は減ってくるが、向こう30年くらいは65歳以上人口は急激に増えてくる。それにつれ、積極的な役割から疎外される中高年が否応もなしに増えてくる。そんな中で、健康レベルを保ち、多様なコンピテンシーを持つスーパーシニアが、社会的問題を解決するために、アントレプレナーとして活躍する機会も実は増えてくることになる。

そのような動きの側にいたいと思う。

 

キャンピング道具の整理整頓!

カテゴリー : よもやま話、雑談

このところ、ランニングをトレーニングメニューにとりいれて毎朝走っている。

来月にはハーフマラソンの出走が内定していて、せっせと走っておかなければ当日キツイことになるのは目に見えているのだ。

なので、ここ2カ月はランニングで毎月120-140kmのペース。自転車では、1日の距離だが、どっこい、今の自分の走力ではそうもいかない。

また夏になったら北海道を自転車で走る。ランニングをやってみて、本当に自転車のありがたみがジーンと分かるのだ。

だって、距離がグングン伸びて、ランニングほどは疲れないからだ。

だから、ランニングは自転車ツーリングにとっても、よいトレーニングになることだろう。

というわけで、去年の夏、酷使したキャンプ道具一式をメンテナンスしてみた。

夏の到来が楽しみだ。