今日、いまここ

カテゴリー : No book, no life.

イタリアでの学会発表、夏の北海道自転車ツーリングが終わり、そして次の学会発表の資料が、まあ、なんとかできて、あとは本番に臨むだけ。ここ1週間くらいは、ヴィクトル・フランクルの「夜と霧」を何年ぶりかに読み返し、進化生態医学(Evolutionary and Ecological Medicine)というテキストにハマっておおいに没頭。その余波で、コリン・ウィルソンの「超越意識の探求」を読み返す。

重い本ばかりだったので、気分を冷やすために軽めのダニエル・ピンクのA Whole New Mindを読み返した。この本、数年前にアメリカ人の友人から、オマエこれいいぜ読めよ、と言われたほんだ。

この本は、大前研一さんが監訳していて「ハイコンセプト」という日本語の本になっている。Empathyとか共感ということが一般に言われ始めたのは、この本がひとつのきっかけになっていると踏んでいるのだが、さて。

ビジネス書のクオリティは、アメリカで定評のある書物が日本のそれよりも抜きんでていることが多い。日本語で読んでみて、おお面白い!と感じた本は英語でも読むとさらに面白くなる。

軽妙な文体や言い回し、単語の用法など、オヤッと気づくところ数限りなしだ。こういうのは、英語の雑談のときなど助かること請け合いだ。

さて、そんな集中的な読書が一段落して、久しぶりに畏友と呑んだ。

そいつが、実に面白いことを書いたりしている。

なるほどな思ったのでメモしておきたい。

                ***

あたりまえのことをあたりまえにやる「今日」という話だ。

言ってみれば、ハイコンセプトでもなくローコンセプトでもない。右脳でも左脳でもない、超越でも没超越でも、雨でも霧でもない。

あたりまえの思考!

「今日風邪をひいてしまって、ランニングを一日欠いてしまった。風邪の原因は、昨夜飲み過ぎて友人の家に泊り薄着で寝て体を冷やしてしまったことだ。今後の反省材料だ。この程度の風邪ならば、薬を飲むまでもなく、暖かくして一晩たっぷり寝れば治る。だから今日は風邪を直して読書に専念すのとするか。明日のために」

また、「2014年3月31日までに大きなペーパーを完成させて提出するために、毎日アイディアをコツコツと煮詰め書きためることが、2014年3月31日が「今日」になった時に威力を発揮するはずだ」

その友人はこう言う(書く)のだ。

  「過去の今日は『今日』のためにあり、『今日』は未来の今日のためにある」

(おいおい、もっと早くオレにも教えてほしかったなぁ)

今日、そして、いまここ、を充実して過ごす、己の実存を意味に満ちた時間に投げ込むことが、過去に培った思索、知識、経験、交友、財産などを有効活用でき、未来へもつながるのである。

もちろん、この教えは10代、20代の若者から・・・・・100才近くの老人まで、示唆に富むと思う。「死ぬこと」で未来は終わってしまうのか?自分の未来を「死」の境界をもって終わらせないとしたら、未来は死後の世界にも存続することになる。

そう捉えると、上の言葉は死後の「今日」も含むことになる。

う~ん、さらに意味深長になる。

そういうことを教えてくれる古い友人というのは大切なものだ。

 

 

進化生態医学

カテゴリー : No book, no life.

20年以上前になりますか、自分で初めて本を出版して以来、仕事のひとつとしてノンフィクション・ライター(出版暦はこちら)ということになっています。そんなこともあり、仕事がらいろいろな著者から本を頂きます。

ぎょっ、でも新たな学問体系の樹立を宣言するような志の本は初めて!こりゃ、すごいわ。

さて、このテキストブックは、医学部の学生むけに書かれた非売品の本(現時点では)です。知識の総量は格段に増えながらも、依然として基礎科学、基礎医学、臨床医学というようにタテ割り、細切れにバラバラに教えられていることに危機感?を覚えた日医大の先生方が、新しい学問体系として「進化生態医学」として取りまとめたものです。

医学生のみならず、医学研究者、イノベーション研究者、生命科学、生命倫理、宗教学、文化人類学、医療サービスマネジメント、死生に関する価値システムの視点からでもオモシロく読めるはずです。いやいや、医と他領域の境界の視点からこそ、強烈な洞察を得ることができると思います。

この本は、生命、進化、社会、医学、医療、経済、人口、文化、文明に関する知識を、分野横断的な、俯瞰的実践知としてリフレームして読者に語りかける構成になっています。その構成は、著者たちはほとんど意識していないようですがリベラルアーツの大著です。

さて、アタシの読み方(目線)は、保健・医療・福祉のサービスマネジメント、とりわけ、大変化のトランジッション・マネジメント。

                               ***

未曾有の大量死、人口減社会の鳥羽口。
疾病構造の大変化、長寿がゆえの生涯、慢性疾患の増大、孤独死、無縁死の増加。
GDP=一人当たりの生産性X人口とざっくりみれば今後、日本のGDPは伸びず縮小してゆく。
医療・保健・福祉・介護の連携ではなく、いずれ統合へ向かうシームレスなケアサイクルの確立。
 
均衡から混沌へ、そして次の均衡へいたる前人未到のパスづくり。
基盤、プラットフォーム、組織、人間の階層モデル。
経済、文化、科学技術、生態系、社会制度、現場、人材のマクロ、メソ、ミクロにまたがるトランジッション・マネジメント。
 
かつての明治維新がそうであったように、組織化・制度化された社会システムも、ある時を契機に急激かつ非線形に変化することがある。これを社会システムの大変遷、変化、チェンジをトランジションと考えます。
 
そうとらえれば、保健・医療・福祉サービスのトランジショナル・マネジメントの展開が今こそ必要。
 
                                ***
 
キュア→ケア
 
病院中心→地域・在宅
 
直す医療→支える医療
 
要素還元→全体論
 
質システム→価値システム
 
専門的「個」→補完的チーム
 
・・・というような二項比較でちょい軽く論ぜられることが多い昨今ですが、次のような言説には、ビンビン来ます。

                              ***                              

「人類は「種の生存」と「個の生存」を相互の関係を最大化することにより繁栄、即ち人口の増加を図ってきた。つまり進化の過程で生物的に獲得した生殖可能窓(15-50才)を最大限利用すること、そして文化発展過程で社会的に獲得した生存技術大系(生産系交流系維持系)を用いて環境限界要因を乗り越えることにより生存を図って来た。これらの相互作用の結果が人口容量(Carrying Capacity)である。言い換えると相互作用による均衡状態が、その時点で発展した文明による生存能力と人口容量を決めて来たのだ。その転換の過程が生存転換の歴史である」

「強力な生存技術つまり近代産業により、平均寿命が伸延し、生殖可能窓が最大限利用された結果、欧日では人口が4-5倍に増加した。平均寿命は欧州で1910年頃、日本では1947年に50歳を越した。たった100-200年程度で一挙に倍の70-80歳に達している。そしてあと10年で日本を先頭に生殖後人口が過半数を越す。近代の期間では生殖可能窓、第2の人生が中心であったものが、生殖後期間第3の人生が中心となる。つまり日本が38億年の生命の歴史に抗して生殖後人口の価値観を基本とする社会を初めて創造することになるのである。  

「では近代とはどういう時代だったのか。一言で表せば「第2の人生を中核」におき、「第2の人生の価値」を最大化する社会であった。欧州での近代化により19世紀には平均寿命は40歳台に差し掛かり、人類史上初めて15から50歳の生殖可能窓が最大限に開き、第2の人生を有効に利用する条件が整ったことになる。「家族」のありかたでは、優良な労働力を生み出し支えるために、生殖の器械である妻と生産の機械の一部をなす夫からなる標準家族の形態が、「経済」のありかたでは資本と資源を投入し、効率よい生産と市場による交換で利潤を生み出す近代産業が、ともに第2の人生を中心に転回させる構造となっている。「医療」は50歳までつまり第2の人生を中心とする単一疾患単一エピソードに対応し、より良い労働力や生殖力の確保を目指して体系化された。これらの方向を「国民国家」単位で国際的に競った結果、物質的生産性が急速に高まったのである。一部の少数派を除いて個人、家族、社会、国家の価値観は共有され、個人の努力や家庭の活動が、産業や国家の発展につながる手ごたえのある構造となっていた。その時点で手ごたえがなくても国の未来、子供の将来が豊かになること信じてがんばる未来型の価値観の世界であったといえよう」

「これからあとは死ぬだけの第3の人生では、それぞれの個人にとっての現在型の価値観の世界に突入する。このような新たな価値を検証し個人、家族、社会、国家の在り方を模索することが必要となっている」

                              ***                              

 

I型人間 X 共感性 = T型人間!?

カテゴリー : サービス思考

知的人間類型論としてI型とかT型とかπ型とか、そういう議論に花が咲くことが1年に3~4回はある。

はからずも昨夜もそんな議論。

台風接近による大雨の夜にも拘わらず、サービス科学の分野で世界を飛び回っているJim Sphorer氏と、東工大の先生方とテーブルを囲んでビール片手に議論になったのだ。彼は明日、東京で開かれるサービス関係の学会でキーノートスピーチをするそうだ。

たしかに、今の日本の高等教育は、細分化された専門性の特定の分野をより狭く、より深く掘り下げてゆくような行きかたが強い。そうでなければ、論文も書けないし、少なくとも、労働市場の入り口でいい仕事にありつけることはできない。また、大学としてもエッジが効いた良質の論文を多数アウトプットすることが、世界ランキングを上げる上でもキメテのひとつになる・・・。

ところが、組織のマネジメント、多様な個人を巻き込むプロジェクト・マネジメント、あるいは、イノベーションの創発といったテーマになると、狭くて深い特定の領域にのみ強いI型人間だけでは手に負えない。

じゃ、そうしたらいいの?

そこで、T型人間の出番となる。確固とした専門を保持しながらも、多種多様な言語、価値観、専門分野や人々を受け入れ、瑞々しいコミュニケーションを繰り広げながら、資源の組織化にたけ、ケミカル反応をエンジョイしながら、something new、something awesomeを創ってゆけるようなイノベーティブな人。

こんな文脈で、ご都合よく仮説(時に妄想)されるのがT型人間。

IにはなくてTにはあるヨコ方向の一本のバー、あるいはのりしろ・・・つまり、「ー」。

西洋の知識社会やその系譜を継ぐアメリカの知的社会では、たとえばboarding schoolやschool of arts and sciencesでは、リベラルアーツの涵養に膨大なコストをかけている。留学時代以来、boarding schoolやschool of arts and sciences出身者(彼らの多くは、Ivy leagueへと進み修士、博士を持ってる)と何十人と接してきたが、はやり、奴らの発想力や話題は横方向に伸びていって、かつ、専門に落とし込む妙味に富む。

ここのI型の自分がいる。そしてその友人は別のI型人間。楽しい会話のなかで、そいつをヨコにして自分の頭に乗っけてしまうと、即興のT型人間の登場となる。大学の寮(residency)の中で繰り広げられる会話には、案外、そんなハタラキもあるように思える。バカに見えて、バカにできない知的対話の産物なのである。

自由文芸七科目とは、知的たらん、自由たらんとする人が持つべき実践的な知識・学問の基本と見なされた7科のことで、文法学・修辞学・論理学の3学、および算術・幾何・天文学・音楽の4科のこと。人文科学、自然科学、社会科学の基礎のような位置づけだ。

中世から19世紀終わりあたりまで、知的社会の基盤を提供してきた自由文芸七科目のようなarts and sciencesになりうる異分野横断的、融合的なdisciplineはなんなのか?

システム科学?

デザイン思考?

サービス科学?

グローバルリテラシー?

ちなみに、京都大学で長年教鞭をとり、現在はリベラルアーツ研究家として活躍している麻生川さんの見方にも説得力がある。

さてJimは、サービス科学を学問として打ち立てるためには、①モデル、②原論、③標準的なテキストブックの3つのことが必要だと言う。たしかに、西洋の知的社会を支えてきた文法学・修辞学・論理学・算術・幾何・天文学・音楽、そしてそれらの中央に鎮座する「哲学」は、これらの用件を満たしているように思われる。

あとは、態度の問題なのだという。

ヨコ方向の一本のバー、あるいはのりしろ・・・つまり、「ー」の根本にあるもので、ひとつだけ本質的に大切なものをあげるとしたら、それは、

共感性(empathy)なんだよ!とJim。

うっ、ナルホド。

論理というよりは体験・・・。

事実というよりは物語・・・。

理性というよりは感情・・・。

                                      ***

共感がうまれなければ、異分野、異界をくっつけることもできない。人を引っ張り込んだり、繋ぐこともできやしない。組織を立て直したり、新しいベンチャーを興したりもできないだろう。ideaだって、「こりゃ、すげー」という共感と一対になって初めて問題解決に繋がってゆく。

専門職(多くはI型人間の集合であることが多い)が集う研究所や医療機関の運営、経営を活性化させるときに、多くのキーワードが持ち込まれる。「医療安全」、「リスクマネジメント」、「イノベーション推進」、「Team STEPPS (Team Strategies and Tools to Enhance Performance and Patient Safety)、「5S-KAIZEN」、「医療チーム」などなど。

これらの、ヨコ志向のツール、プログラムが実行された組織のうち、成功事例を抜き取って、そのプロセスを見比べたことがある。成功事例に共通することは、根っこのところで、「共感」を組織内外と境界領域において大いに盛り上げ、滋養したということだった。

empathyって英語で書いてしまったが、日本語の「共感」にはニュアンスがよく沁みこんでいる。共に、感じて、双方がやりとりして、当事者としてモノゴトを共有して、エンパワーして問題解決をはかってゆく。そんな行いの根っこにあるものがキョウカン。

価値共創(value co-creation)というbig wordも、「共感」がなけえば絵に描いた餅。

「I型人間 X 共感性 = T型人間」というふうにコトを見れば、また新しいアイディアやソリューションが湧いてくる。

 

「生活を分断しない医療」

カテゴリー : No book, no life.

著者は愛媛大学医学部付属病院の櫃本真聿先生。こないだ同病院と1年がかりでコラボレーションしてやっているエンパワーメント・プロジェクト(システム思考Xデザイン思考Xマネジメント思考)でお邪魔したとき、田渕副院長(看護部長)さん達とランチをご一緒しながら時間が経つのも忘れて議論、議論、議論。

 さすが地元のラジオ局でケア・オブ・ライフという番組をお持ちなだけあって、ポイントを突くトークのそこかしこにユーモアや品のいいジョークが温かな対話をつくりあげる。
 
そして戴いたのがこの本。感謝です!
 
ケアシフト(これは、松下の造語ですが)がどんどん進んでいる日本にあって、まだまだ大学病院は、キュア中心の医療と価値観の一大中心地と見られている。

ところが愛媛大学病院はまったく異なる。これは全国の基幹的な病院を訪れて実際に医療現場のマネジメントに関わる悪構造問題をつぶさに診てきている自分だからハッキリ見える。

さてこのところ、保健・医療・福祉界では「連携」という標語に溢れている。なぜ連携なのか?

筆者は、急性期病院への入院が患者の生活を見事なまでにぶった切っているからだと断言する。地域における急性期医療の切り札である大学病院は「隔離」が基本だ。この隔離が行き過ぎているのだ。
 

・「要するに、医療が患者さんの生活をぶった切っていたから、再びつなげなければいけなくなっているのです」(p133)

 じつに、卓見ですね!この文章に接して、思わず膝を打つ。
 
・「この10年間で一番増えた仕事は、医療安全に関わる事務だそうです。一方で、一番減った時間ななんだと思いますか。実は患者とのコミュニケーションの時間です。・・・結局、こういうことが医療崩壊、あるいは、医療者の疲弊に繋がっているのです」(p80)
 
・「なぜ地域連携パスでつなげなければいけないのかというと、入院によって患者の生活がぶった切れていたからです」(p136)
 
・「エビデンス・ベースト・メディスン(根拠にもとづいた医療)が強調されるなかで、私たちは客観性ばかりを重視し、患者さんの主観や情緒などを考慮するということは医療者としてよくないことなのではないか、と思い込んできました。」(p144)
 

行き過ぎた隔離志向のキュア型医療からケア志向の方向に変化しつつあり、大学病院も決してその例外ではない。いや、大学病院だからこそ、オープンに地域と交流して、キュアとケアの入れ子構造を再デザインして、あたらしい繋ぎ役の役割をとっていかなれけばならい。

・「今後の医療のキーパーソンは看護師」(p148)
 
MCCEプロセスは、医療福祉連携の経験から抽出した面白い経験則だと思う。
ミッション(M)、つまり、目指すベクトルの方向を明確化しているか?コンセンサス(C)つまり、ミッションを理解して共有しているか?、コラボレーション(C)院内外の資源の協働ははかられているか?、エンパワーメント(E)つまり、住民・患者の内なる力の賦活化がなされているのか?
 
・「副作用である『医療への依存』、『医療(介護)崩壊』に介入すべき」(p192)
 
・「社会の発展や制度の整備などに伴って生じた”副作用”が何かと言われれば、「医療への依存」とそれに伴う「医療(介護)崩壊」だろうと思います」(p194)
 
・病棟中心の経営から外来によるマネジメントへのシフト(p220)
 
・おらがまちの病院を目指す・・・・”道の駅”ならぬ”健康の駅”的な病院にしてしまおう。(p228)
 
・「つなぐ医療」から途切れさせない連携へー合言葉は「医療を生活の資源に!」(p214)
 
愛大病院では、地域との共創性、コ・エンパワメントを重視した構想、プロジェクトの目白押しだ。ヘルスケアサービスの価値共創(value co-creation in health services)に首を突っ込んでいる自分としては、エキサイティングの一言。たとえば、がん総合相談センター、総合診療サポートセンター、専任の退院調整看護師が継続的に関与するシステム、住民のための院内図書館、災害ボランティア、ヘルスアカデミー、健康公民館構想など。
 
これらは、スゴイ!
 
わかりやすく問題点を整理整頓し、問題解決のための指針を明快に与える本だ。そして、具体的な愛大の事例が満載というのもすばらしい。医療マネジメントに関する本は、コ難しい本や読んで疲れる本が多いのだが。
 
でも、読んで元気になる一冊がこの本だ。読者がエンパワーされるいい本だと思う。