江戸時代の知恵者=水野南北という観相家の教え

カテゴリー : 断食健康法

(水野南北の肖像画)

食を断つ断食、食を節する節食。断食や節食は、たしかに健康によいというのは、医学の臨床研究のエビデンスもずいぶんと積みあがってきている。たしかに、やれグルメだ、やれ飽食だと、ひたすら食べるという食欲の追求は、栄養過多を現代人にもたらしている。生活習慣病の一大要因は明らかに「食べすぎ」である。食べることができずに死ぬのではなく、食べ過ぎて死ぬというのは、じつは、人類の歴史、はたまた生命の歴史38億年を振り返っても、生物として、特異きわまりない出来事だ。

心臓病、がん、糖尿病、骨粗鬆症、肥満は飽食病(diseases of affluence)といわれている。食べすぎて病気になったり死ぬとは、ここ50年くらいの日本を含める先進国に蔓延している極めて現代的な「病」だ。幸か不幸か、その50年という歪んだ瞬間に生きている現在人。なので、北欧、アメリカ、英国、ドイツ、フランス、イタリアあたりの健康志向の知的なクラスでは、断食や節食はだんだんと静かなブームになってきている。

日本も例外ではない。ただし、欧米でトレンドになっているから断食や節食に注目しようという追随型の付和雷同には反対だ。なぜなら、日本ならではの和風断食、節食の優れているポイントは4つあり、そこに注目するといろいろなことが見えてくるからだ。

①近年、食の「欧米化」が進んでいるとはいえ、日本には日本の食生活の伝統がある。②日本には、断食や節食に関する連綿たる伝統、方法論のシステムがある。③日本の断食・節食システムは、食にとどまらす、命のありかた、生き方、運命などをも視野に入れた優れた全体論(holism)志向なものが多い。④仏教、古神道、神仙、仙道、修験道の修行システムにも断食・節食は体系的に取り入れられている。

たとえば、多くを食べずに健康になる、幸せになる、運をよくする方法論を説いた人物が江戸時代中期の日本にいた。その人、水野南北という。命、食、運をシステム的にとらえ、あらかたこんなことを説いた。

<以下引用>

○命のありかたこそが運である。食のありかたこそ命に直結する。ゆえに、食のありかたこそが運を大きく左右する。(明瞭な三段論法)

○人間の生命の根本は食である。たとえどのような良薬をもちいても、食べなければ生命をたもつことはできない。だから人にとって本当の良薬は食である。

食事量の多少によって、人間の貧富や寿命や未来の運命を予知することができる。古人の言葉に「天に禄なき人は生じず、地に根なき草は生えず」ということばがあるが、その身ほどによって天より与えられた一定の食事量がある。みだりにむさぼり食う者は、天の戒律を破る者である。生命の存在するところに必ず食べ物があり、逆にいえば食べ物あるところに必ず生命が発生する。食べ物は生命の源であり、生命は食べ物に随うものである。そして人間の生涯の吉凶は、ことごとく食によって決まるといっても過言ではない。

三度の食事が粗食で少量の者は、悪相・貧相であっても金持ちになり、子孫に財産や名誉をのこすであろう。いつもは粗食だが時々大食するものは大凶である。

いつも身のほどに不相応の美食をしている者は、たとえ人相は吉であっても運勢は凶である。その美食癖をあらためなければ、家を没落させ、出世も成功もおぼつかない。まして貧乏人の美食家は「働けど働けどわが暮し楽にならず」で、一生苦労する。

大いに成功・発展の相があっても、怠け者でずるく、酒肉をたのしみ、自分の本業に精を出さない者には成功・発展はない。

○子供の相が貧相で悪くても、その親が食に慎しみをもつならば、みだりに貧相悪相というべきではない。子供は、その親のなすところによって悪相から善相に一変することがある。子に対して親は本であるから、その本が正しければ子もおのずから正しくなる道理である。もっとも、過去世の因縁を解いてやるのは親の務めであり、親が解けないほどの因縁の場合は、子が成長して自ら解くほかない。


○悪因を解き善因を積むには、陰徳を積むほかはない。世に慈善事業や放生をして陰徳を積んだつもりになっている者があるが、これらはみな人に知られる行為であり、真の「陰徳」とはいえない。

仏法は精神を治めることを本とするゆえに食を慎むのである。なぜなら万事心が乱れることは、みな飲食を本として起るからである。飲食を慎むときは心静かになり不動心を得る。不動心を得れば、その道(仏道)を得ることはたやすい。

千日千夜祈ってもあなたに実がなければ神明はどこにもおられない。また実を持って祈ろうとのぞむなら自分の命を神に献じ奉ることだ。食は自分の命を養うもとである、これを献じ奉るということはすなわち自分の命を献ずるのと同じである。

○万物ことごとく妙法でないものはない、また相でないものもない。また相には有無の二つあって無相はかたがないといってもその全体像ははっきりしている。これを微妙という。すなわち心であって簡単にはいいあらわせない。また有形は形であって、かたちのあるものは法であり、体もそうである。法あるものは滅びて行く。これが法の道であり相法の道である。性ことごとく微妙より来たって、はっきりと法形を生ずる。

<以上引用> 引用サイトはこちら

断食をすると、食べ物や水のありがたさを痛感する。食を断って、はじめて食の有難さに感じ入る。だれにでもできて、やろうと思えばすぐにできる断食・節食は、明日の健康管理(health administration)にとって必須科目だろう。

 

断食とメンタル

カテゴリー : 断食健康法

なにを隠そう、大食いのほうだ。だから、ちょっと自転車やランニングから遠ざかると、すぐに太ってしまう。そこで断食を10年くらいやっていて、健康優良児(中年)の畏友から断食の方法や参考書を教えてもらった。こやつ、30年以上風邪で熱ひとつ出したことのない超人のような男だ。彼にあやかるべく、そして健啖家を返上すべく、「断食」を健康増進(オプティマル・ヘルス)メニューに取り入れて3年目。

断食(fasting)はもちろん、フィジカル面での効果は大きい。ダイエット、減量、抗老化、長寿遺伝子のオン、内臓脂肪の除去、体内の老廃物の除去など、医学研究でもずいぶんと根拠が積みあがってきている。

あまり報告されていないメンタル面での効果をメモしておきたい。

(1)呼吸が減る
断食をはじめてから1年くらいたった時に気がついたことがある。それは、毎回の断食開始後6時間もすると、呼吸をたくさんしなくてもすむようになることだ。通常、食事をすれば、摂取された食物を消化するために、大量の血液が消化管、内臓に動員され、あわせて大量の酸素が赤血球と結合されるため、体は大量の酸素も使うこととなる。ところが、断食をすると、食物を消化するという体の一大事業が休止するので、酸素の使用量もいきおい急減することとなる。その結果、体感的には普段の7割くらいの呼吸ですむようになる。
 
体にダメージを与えるもののひとつとして活性酸素の存在がある。酸素をやたらに摂取しなければ、活性酸素が体内に発生する確率も格段に減ることとなる。つまり、呼吸が減ることによって、活性酸素の悪影響から逃れることもできるようになり、結果として体にプラスに働くというように考えられる。
 
話がずれたが、メンタル面での稼動域を拡張して変性意識にいたる瞑想修行で得る状態を断食でも得ることができる。もっとも、断食でハラが減っているときは、余計な運動をするよりは黙って静かにしている、つまり瞑想するのがいい。断食中だと数息観の目安、つまり1分間に3-5回の呼吸数まで落とすのは容易になるのだ。
 
やや粗雑な言い方だが、少ない呼吸≒断食≒瞑想といえるのではないだろうか。
 
(2)変性意識の明敏化
断食に慣れてくると、瞑想をしている時のような感覚がじわっとやってくる。断食になれていなかったころは、ひもじい思いばかりがつのることがおおかったのだが、半年くらいすると、まるで瞑想しているときのような感覚を覚えるようになった。これは変性意識の賦活である。
 
いったいなぜ?と思い、いろいろ調べてみた。どうやらこんなことではないのだろうか。
 
①断食している最中とはいえ、体をめぐる血液の量はほぼ一定のはずだ。消化器とそれに付属する器官に循環する血液の量が減る分、脳を循環する血液の量はいくぶん増える。だから意識も明敏になる。
 
追記:前札幌医科大学教授の郷久鉞二医師は、自分自身で断食を試み、脳血流の変化を測定した。その結果、脳血流は断食時には通常の半分、脳の酸素消費量は35パーセント減少と報告している。これにより新皮質の過剰なはたらきが低下し、抑圧されている脳幹や辺縁系へのストレスが開放されるので生命力があがる、との説明を加えている。 出所:ドキュメント断食道場 1987年刊)
 
②断食をすると体内のブドウ糖などの糖分が急に減ってきてエンスト状態になってしまう。そこで、たまらず、生命活動を維持するための司令塔=脳は、それまで蓄えられてきた脂肪をエネルギー源として使うように体中に号令を出す。脂肪がエネルギーに転換されるときは、脂肪はケトン体という物質に分解される。
 
③このケトン体への分解がミソだ。「ケトン体をエネルギー源とした脳は、脳はのひとつであるα波を増やし、脳下垂体からはβエンドルフィンという物質の分泌が触れる」(甲田光雄・奇跡が起こる半日断食)こととなる。α波は脳がリラックスしながらも、意識は明敏に集中しているような時に発生する脳波。また、βエンドルフィンは、脳内の報酬系に多く存在する神経伝達物質で、鎮痛や多幸感、快楽、明瞭、明敏な意識状態をもたらすということが、いろいろな最近の脳科学などの研究によってわかってきている。
 
ケトン体は酸性の物質。健康な人体は弱アルカリ性なので、酸性を人体にとって有害なもと判断し、断食中は酸性の物質を体外に排泄しようとする。このとき、食品添加物、農薬、トランス脂肪酸など人体に有害なものは酸性の性質を持っているため、一緒に排泄される。これが、断食のデトックス効果だ。
 
以上が、ユダヤ教、キリスト教、回教、仏教、修験道などの、顕というようりは、密(エソテリック系=秘儀系)部門で断食が修行の一環として古来尊重されている大枠の理由だろう。唯識仏教のほうの言い方を拝借すれば、断食によって、五識、つまり、眼、耳、鼻、舌、身、そしてそれらの大本の「意」(妙観察智)が鋭敏になってくるのだ。
 
そこから、意識のスペクトルのもっと奥には、魂のおおもとである、マナ識(≒平等性智)、そしてアーラヤ意識(≒大円鏡智)、さらにはカーラナ識が横たわる。
 
このような階梯の最初の一歩がたぶん断食ではないのだろうか。