診療報酬制度の改定解説本  

カテゴリー : No book, no life.

看護経済・政策研究学会に出てみないか?ととある人に言われ、時間もあるし出てみようと思い出てみたら、議論がけっこう面白かった。パネルディスカッションの延長でフロアを巻き込んでワサッと話題が盛り上がり、会場のあちこちから手があがりアツい議論になったのだ。

看護経営学という専門書を書いたことがあるくらいだから、看護経済・政策については一言も二言も言いたい方だ。修士時代の専門は、政策分析&経営学(Policy Analysis and Management)と健康医療管理学(Health Administration)なので、だまっているほうが難しい。また、だまって議論を聞いている性分ではなく、議論に首を突っ込んで、あーだこーだ言うのが好きなのだ。

で、いろいろ言わせてもらった。さっぱりした気持ちになって会場を出て遊びに出かけようと思っていたら、とある人から声をかけられた。これまた面白い話に発展した。

数日後、その人(看護界ではかなりの著名人かと)から電話が入り、なんでも本の中心的な章をいくつか書いてほしいいとのこと。とどのつまりは、スキマ時間を中心に3か月でB5版130ページの原稿を書いた。20分スキマの時間ができれば、どのような仕事をやっていてもPCに向かって原稿を書き進め、クラウドにぶち込んでおくのだ。この繰り返しだ。

自身17冊目の本が出来上がってきた。

さて2年に一度のペースで行われる診療報酬制度の解説は、ある意味、厚生労働省の政策マーケティングの「御用」のお先棒を担ぐことにもなりかねない。ここをちゃんと自覚していないと、いわゆる無自覚な御用学者に身を落としてしまう。したがって、政策批判は批判としてきちんと書かせてもらいますよ、という前提で執筆。編集室から、あまりにも厚生労働省批判が辛辣な部分の表現をもっとやんわりかいてくれとかいろいろ言われたが、辛辣な批判がないところに公正妥当な政策もないわけなので、書くべきは書かせてもらった。

権力におもねない批判が公正妥当な政策を担保するのだ。医療経済や医療政策のテクニカルなイシューは通常、この道の専門知識のない議員によるチェックが入りずらい。だから中立的な立場にある識者が正々堂々と批判しなければならないのである。

 

ホスピタリティXヘルスケアXデザイン思考融合の新たな地平線

カテゴリー : アメリカ

 
久しぶりにアメリカの東海岸に旅してきた。母校のコーネル大学で開かれたSymposium Hospitality, Healthcare, Design 2016に参加するためだ。
 
ああ、コーネルはいいなあ。return to my alma mater。豊饒な知に対するリスペクトと知的世界への探求心がキャンパス中に横溢している。尊厳、威厳、自由、探求、エンゲイジメント・・・そういったものが混然一体と、しかも統一さをもって顕現している。
 
Cornell Hospitality Health and Design Symposium 2016
 
この分野の研究成果:

”Systems’ Boundary and Fusion between Hospitality and Healthcare”

を一本発表して、あとはひたすら今書きつつある本の取材や社交。

共通の知人や旧知の友人との出会などのオンパレード。しかも、皆がこのシンポのテーマではいろいろな成果や社会的なアウトプットがある人たちばかりなので、めっぽうオモシロイのだ。

研究成果の発表もさることながら、今回の国際会議は今書きつつある本のネタ仕込みや取材といった点からも非常に重要なのだ。メモしてみる。
                                       
               ***
 
キュアからケアへシフトしてくると、サービスのありかたも、ホスピタリティが全面に出てくるようになる。
 
キュア文化というのは、治療すれば直ることが前提。キュアの価値とは、治って元通りに動ける、食べることができる、生活できる、働けるということだ。だから投薬、注射、手術などの介入行為が正当化される。
 
また、治療して治ることが前提ゆえに、苦痛、不快感、いごごちの悪さ、不便、不都合は、がまんすべきものである。
 
高齢者の慢性疾患や合併症に対する介入はもはやキュアだけでは有効ではない。なぜなら、多くの高齢者の慢性疾患や合併症は完治させること、直すことはできない。
 
むしろ、人生の最終局面を支えることが目的になる。キュアではとかく後方に「がまんすべきもの」として押しやられてきた、 苦痛、不快感、不満、不安、いごごちの悪さ、不便、といったものをケアすることが重要になってくるのである。
 
ここにおいて格差が影を落とす。富裕層は、 苦痛、不快感、不満、不安、いごごちの悪さ、不便を解消するためにあらゆる手段、そして財力を投入することになる。
 
そのため、 苦痛、不快感、不満、不安、いごごちの悪さ、不便を解消するための営利動機に根差したイノベーションが盛んに巻き起こることとなる。
 
しかし、富裕層もいれば貧困層もいる。貧困層は富裕層に比べて苦痛、不快感、不満、不安、いごごちの悪さ、不便を解消する機会にはさほど恵まれない。超高齢化と財源枯渇によって、このような把握しづらい価値に対する公共サービスは後手後手になる。公共サービスによって実現されない空白を埋めるNPO、NGO、社会起業家による、非営利的な動機による、ホスピタリティ・サービスイノベーションに対する期待が大きくなる分野である。
 
以上を要するに、高齢者化現象とともにケアシフトが進むにつれ、 苦痛、不快感、不満、不安、いごごちの悪さ、不便を解消するためのサービス分野のイノベーションが亢進してゆく。
 
富裕層に対しては、利潤動機に基づいた ホスピタリティ・イノベーションが影響力を持ち、中間層、貧困層に対しては、 非営利的な動機による、ホスピタリティ・サービスイノベーションが影響を及ぼすことになろう。