原稿とカネ

カテゴリー : モノ書き

書くことは人生を切り拓く武器だ。
なぜなら、文章によって見ず知らずの他者に伝えることができる。そして、他者にとってタメになることを伝えれば、そこに「効用」が発生するからだ。

過去1か月でスキマ時間をちょくちょく使って専門誌の原稿を2本書いた。

松下博宣(2018).異界越境するリーダーがイノベーションを興す」.medical forum CHUGAI Vol.22 No. 2, 2018. 

松下博宣(2018). 地域包括ケアシステムのなかで複合経営体化する医療法人」. 「商工金融」.2018年4月号.

もの書きの性として、執筆依頼にはできるだけ応えたいものだ。

商業誌に原稿を寄稿すれば、原稿料が入り小遣い程度にはなる。

査読つきの学術誌は、原稿料など絶対に著者に支払わない。原稿を原著論文として発表すること自体が研究者の目的であり、レフェリーの審査を経て、その原稿を「出版してもらう」のが基本なのだ。出版の暁には晴れて業績としてカウントされる。

ところが最近は、英語圏の学術誌のなかには、著者に出版料を支払らわせて掲載する媒体が増えている。たしかに、査読や原稿の手直し、不正論文の調査など一定の質を保証するためにはコストがかかる。

そのコストを著者に負担させるというビジネスモデルだ。著者が研究費や競争的資金などを持っている場合、それらが原資となる。

駆け出しの研究者は自分の論文をカネを払ってまで出版したい。それが自分の業績になるからだ。だから、コストを著者に負担させる学術誌もどんどん購読者を増やしている。

このような訳なので、研究者を取り巻く出版事情はざっくり3つに区分することができる。

①金銭を払って自分の原稿を出版する

→ こんなもの、やりたくないね。

②金銭の授受を一切せずに自分の原稿を出版する

→ 通常の学術誌。当然やります。

③金銭を対価として得て自分の原稿を出版する

→ 学術コミュニティ以外の専門家や実践コミュンティなどに知見を拡散することができる。当然やるべきだ。

 

新著「医療看護イノベーション」表紙の件

カテゴリー : モノ書き

自動代替テキストはありません。

 新しい著書を汗水垂らしながらやっと出版することができた。この本のなかで最も気に入っているのが表紙の右下の不思議なイラスト。

とある不思議な出会いとご縁がきっかけとなり、この不思議なイラストが新著の表紙を飾ることになった。

その話をちょっと書き残しておこう。

2年前の夏、サイクリスト松下は北海道の然別湖畔でキャンプしていた。千歳、富良野、美瑛を自転車で巡り、層雲峡で自転車を野営場において大雪山を徒歩で駆けまわり、また自転車にまたがって、三国峠、幌鹿峠というけっこうデカい峠を登って下って、やっとの思いで辿り着いたのが然別湖北岸キャンプ場。

馬鹿のひとつ覚えのようにチャリで走りながらも、実は、チャリで無心に走っている時には、思いがけないアイディアが美しい風景のなかから風に乗って突如やってくるのだ。

身体活動にエネルギーを集中させ、言語活動を認知の底に沈め、言語が尽き果てた文脈に「それ」はやってくる。モノカキのアイディアは、言語が尽き果てた身体知の次元からやってくるとは、不思議といえば不思議か。

言葉の境位を越境し、そこに横たわる豊饒な身体知の次元を遊泳することによって、「それ」に遭遇することができるのだ。

「それ」つまり、拙著の構想を練り上げたのは、研究室や書斎の中ではなく、この自転車ツーリングの最中だった。自転車ツーリングは究極のアイディア・ジェネレータなのだ。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、水

疲れ切って泥のように寝て、起きた、その翌朝、霧が流れる静かな湖面を眺めていると、静謐な湖面を一艘のカヌーが朝霧のなかを静かに進んでいる。その神秘的なカヌーイストは湖岸に上がってくると、実に気さくで親切な人だった。

「いいですね、こんな朝から鏡のような湖面をカヌーで漕ぐなんて。あこがれます」

「よかったら漕ぎませんか?」

「うわぉ! いいんですか!」

ということで然別湖北岸の静謐さをたたえた湖面をカナディアン・カヌーで漕ぐという奇跡の時間を得たのだ。

嬉々として湖面を漕いでいると、カヌーに乗った品のいい美しい女性が声をかけてきた。カヌーを漕ぐ機会を与えてくれたカヌーイスト氏の奥さまだった。

至福のひと時を堪能して陸に上がり、奇跡の湖面の感動と感謝の気持ちをぼくは朴訥ながらもあらん限りの言葉を紡いで夫妻に語った。

その御夫婦とは幸いにもfacebookで繋がった。お子さんを連れた仲睦まじいご夫婦が然別湖の朝まだき、カナディアン・カヌーを静かに漕いでいる。

こんな幸福な風景はない。

自然と家族が調和している。

聞けば奥様は腕利きのイラストレータ。新著の表紙にふさわしいと思い、無理を頼んで、奥様のイラストを拙著の表紙に使わせていただいた。

不思議なご縁を頂いてできた、拙著の不思議な表紙なのだ。不思議にして繊細なイラストの上には「イノベーション」という大きな活字が横たわっている。

社会科学英語論文の書き方

カテゴリー : モノ書き

Image result for academic paper
 
英文で国際学術雑誌に投稿したいという人から相談を受けた。
 
忘れないうちに以前メモっていたことをまとめてみる。
 
そもそも、論文は何語で書くべきなのか。世界共通の学問の言葉はもはや英語だ。だから、日本語で書いて内に閉じた日本の学会で発表するよりは、もしある程度英語ができるのならば、英語で書いて世界と勝負すべきだろう。
 
日本でも、あるレベル以上の大学院だと、博士論文完成までに査読付き国際学術誌への投稿採択が2件以上求められる。なので以下は、英語でPh.D.論文(ちなみに松下のはこちら)を書こうという人にとってちょっとは参考になるのかも。
 
・オープンエントリーの国際誌に勇気をもってsubmitすることが大事。まず書き始めること。
・著名な英語圏の学術誌は採択・非採択の結果通知が速いので、異常にマッタリしている日本の学術誌よりもコトがサクサク進む。
・半年かけて、スキマ時間を使いproceeding執筆。論文執筆は一日、最低二時間はとる、といった単純なルールがあったほうがいい。機械的に書く。
・論文執筆は国際学会発表の前後の旅行など、遊びの要素を混ぜるとクリエイティブになって動機付けが高まる。
・論文のテーマでいろんな人とディスカッションしてコラボレーションするといい。→多様性を活かす
・雑談のような会話のなかにヒントがいっぱい。
・図はシンメトリックなほうがいい。
・結論としての抽象化=普遍化されたモデルの提示。
・第一原稿で質の高いドラフトを提出すれば、いいコメントをもらえて、それらを反映させることにより、より質の高い論文にすることができる。
・研究のボディがしっかりしていること。
・方法の妥当性、信頼性。
・データの妥当性、信頼性。
・technical writingの基本を押さえていること。
・一パラグラフでは一メッセージ。最初にパラグラフはまとめ。はっきりしたdiscourse markingをつける
・weblioの語法用例は使える。正しい語法、正しい文法で書く。
・引用したら、必ず引用の脚注をつける。さもないと剽窃になる。
・研究者としてのethicsは外部のコードとしてではなく、自分に内部化して保持しなくてはならない。
・いくら注意を払っても不正確な記述は残ってしまう。たとえば、Service Scienceという学術誌のprofessional editorのauthor queryは71項目に及び非常に充実していた。これらすべてに対応することで質はかなり高まった。
・過去の知識の蓄積の上に自分の論文があり、自分の論文で既知でない新しい地平を切り開く。
・良質なArgumentを、journal側のニーズ、editor-in-chiefの関心の方向性と合致させること。
・コメントをとことん尊重して、前向きに対応し、質を高める方向とする。
・その分野に影響力のある引用文献をキチンと参照する。
・その分野に影響力のある説を鵜呑みにせずに、批判を加える。
・その分野のhot issueを表現する象徴的なwordのインパクトある語法。
・ドラフト段階でもいい英語で書く必要あり。
・表面的なデータの解釈にとどまることなく、さらに推論を加え、抽象化して一般化可能なモデルを提示する。
・自宅で断食しているとき、論文書くと、キレ味のいい内容になり分量も進む。
・集中すると一日5~8時間はザラだが、一年平均でみると1時間を切っていると思う。
・タマを投げるまでは集中し、投げ終わったら忘れて他のことに没頭する。忘れた頃にタマが投げ返されてくる。

書くことの効用

カテゴリー : No book, no life.

Image result for 執筆

飲み会で難しい質問をされた。

「なんのために論文を書くのか?」

うーん、研究者としてあたりまえのことなのであまり深くは考えたことはなかった。新規性の強いオリジナルな実証的なアイディアを知的成果として知識社会≒学会に還元するのは当然といえば当然すぎる。

さて、あたりまえかつ当然のことは横に置いて、ペーパーなり書著を書くことの副次的な効用をメモしておきたい。

1)自分の学問を深めることができる。
 
2)これまでのプロフェッショナル生活のなかで蓄積してきたdiscipline, practiceの間の循環運動をまとめることができ、よき人生の一里塚となる。
 
3)論文執筆を知的生活の基本とすることができる。
 
4)英語で書くので、英語writingのたな卸しになる。
 
5)衣食住、健康、家族からのサポートがあってはじめて、論文執筆という知的贅沢をすることができる。生活を整えることができる。
 
6)海外の学会、国際学会で発表する機会が織り込まれるので、知見がひろがる。
 
7)ボケ防止=知的活動水準を向上させることができる。
 
8)ランニング、サイクリングという運動系と論文執筆という知的活動を組み合わせることによって脳の力を強化することができる。Active agingの効果あり。
 
9)運動系と知的作業としての論文執筆を媒介する健康法として断食を位置づけると、非常にオリジナリティに富んだライフスタイルになる。
 
10)以上をまとめると、執筆というのは人生屈指の贅沢なことなのかもしれない。今日論文や本の原稿を書き進めることがきるということは、昨日までの「今日」がある意味、クリエーティブだったから、そして未来の「今日」を豊かにすることだから。
 
まるでハイパーグラフィアのように、書くことそれ自体が、抜き差しならなく好き、を通り越して、まるで新陳代謝のように生きることの一部と化している人間にとってみれば、もちろんこんな正当化はいらないはずだ。
 
 
 
 

診療報酬制度の改定解説本  

カテゴリー : No book, no life.

看護経済・政策研究学会に出てみないか?ととある人に言われ、時間もあるし出てみようと思い出てみたら、議論がけっこう面白かった。パネルディスカッションの延長でフロアを巻き込んでワサッと話題が盛り上がり、会場のあちこちから手があがりアツい議論になったのだ。

看護経営学という専門書を書いたことがあるくらいだから、看護経済・政策については一言も二言も言いたい方だ。修士時代の専門は、政策分析&経営学(Policy Analysis and Management)と健康医療管理学(Health Administration)なので、だまっているほうが難しい。また、だまって議論を聞いている性分ではなく、議論に首を突っ込んで、あーだこーだ言うのが好きなのだ。

で、いろいろ言わせてもらった。さっぱりした気持ちになって会場を出て遊びに出かけようと思っていたら、とある人から声をかけられた。これまた面白い話に発展した。

数日後、その人(看護界ではかなりの著名人かと)から電話が入り、なんでも本の中心的な章をいくつか書いてほしいいとのこと。とどのつまりは、スキマ時間を中心に3か月でB5版130ページの原稿を書いた。20分スキマの時間ができれば、どのような仕事をやっていてもPCに向かって原稿を書き進め、クラウドにぶち込んでおくのだ。この繰り返しだ。

自身17冊目の本が出来上がってきた。

さて2年に一度のペースで行われる診療報酬制度の解説は、ある意味、厚生労働省の政策マーケティングの「御用」のお先棒を担ぐことにもなりかねない。ここをちゃんと自覚していないと、いわゆる無自覚な御用学者に身を落としてしまう。したがって、政策批判は批判としてきちんと書かせてもらいますよ、という前提で執筆。編集室から、あまりにも厚生労働省批判が辛辣な部分の表現をもっとやんわりかいてくれとかいろいろ言われたが、辛辣な批判がないところに公正妥当な政策もないわけなので、書くべきは書かせてもらった。

権力におもねない批判が公正妥当な政策を担保するのだ。医療経済や医療政策のテクニカルなイシューは通常、この道の専門知識のない議員によるチェックが入りずらい。だから中立的な立場にある識者が正々堂々と批判しなければならないのである。

 

読書・執筆の裏ワザは鉄砲玉面会にあり

カテゴリー : No book, no life.

 

本を出版したいという人とよく出会う。自身も今まで16冊本を書いてきているので、どうやったらいい本を世に出せるかということは常々気持ちのどこかにある。でも20冊にも達していないので、ナマイキなことは言えないのだが。

 そこで、ある人と本を書くことについてまとまった話になった。だいたい以下のような結論に至った。
 

①共著者として参加する。

②パワフルな講演、言説で種をまく。

③コネで編集者を紹介してもらう。

④企画書をつくって送りつける。

 
たしかに、本を出版することの、近因項だけをとりだせば、以上の4つくらいが相場だろう。でも案外、急がば回れで遠因項のほうがむしろ大事だ。別の言い方をすれば、本を書くための基盤づくり、生活習慣、基礎体力づくりといったテーマだ。でも基本はいたって簡単だと思う。本を書くための、最善にして最強の準備は読書である。
 
ドタ勘でいうと、初めての本を1冊の本を書くには500冊のきちんとした読書(つまり、読書ノートを残したり、読んだ内容を咀嚼して自分なりのアウトプットにする)が必要になる。
 
以降、2冊目、3冊目・・・と一冊あたりの読書量は逓減してゆくいっぽう、2冊目、3冊目・・・と本を書くにしたがって、執筆するという経験値、モノ書きとしての蓄積されたスキルや知識、そして読者がついてくるので、少ない読書量で本を書けるようにはなる。しかし、ちょっと売れて、その勢いで粗製乱造するモノ書きは案外多いものだ。やはり書くことを涵養するための読書は絶対に怠ってはならない。
 
ということで、実務系の本、社会科学系の専門書やノンフィクションに限定して本を執筆するための遠因項についてまとめてみる。
 
まず前提になることは、一冊の本にするに足る「文脈」をもっていなければらならいということ。その文脈に、ナカミ、実質、内容(つまりコンテンツ)がくっついて、その人ならではのオリジナルな自家薬篭中のものの見方、構え、問題解決、提案、提言、時代認識といったようなものになってゆく。文脈には知識や情報を吸い寄せる粘着性があるのだ。
 
著作物の執筆方法は、決まりきったノウハウのようなものはないだろう。あえて言えば、本をよく読みこみ、同じような課題意識を持つ先人が発見したもの、古人の到達点を丹念に調べ上げ、世の中や現象を自分の眼でキッチリ見極め、よく考えるということだ。
 
僕の場合は、無類の神保町フリーク、雑多な読書趣味にくわえ、20代には雑学諸般、放浪を切り口とした人文地理、歴史、宗教といった教養から、健康医療管理学、人間、経営学、経済学、社会学、比較宗教学、システム思考、サービス科学の方面へと専門をとがらせたりまたいだりしていったので、おのづとこういった方面の本が目にとまり、自然と目は活字を追うようになった。
 
さて、ここからが本題だ。
 
読書は内向的な作業だ。でも、これを外向に転じて、まるで地引網を引くように次々にいい本、文献、そして特殊な人脈を引き寄せるいい方法がある。「これは!」と思った本の著者に直接連絡をして面会を申し込んで実際に会うのである。これを鉄砲玉面会という。
 
そのココロは、これはと思った著者に直接アタリをつけ、面談のアポをとり、あとは鉄砲弾のように著者のところに飛んでいって会うのだ。
 
初めてこの方法を初めて実行したのは18歳の時だった。当時はメールなどという便利なモノはなかたので、出版社に電話して著者の連絡先(電話番号とできれば住所)を教えてもらうのだ。今なら著者名の検索すればメルアドなどのコンタクト先は5分で調べることができる。
 
忘れもしない、暗殺された故ベニグノ・アキノフィリピン大統領と一時行動を共にして、モロ民族解放戦線で民族解放運動にも関与していた、「国際浪人プッタギナモー」の著者若宮清氏である。
 
「かくかくしかじかの点に深く感銘をうけた」、「このポイントについてもっと知りたい」、「自分はこう考えるが先生の見解をお聞きたい」、「ひいてはぜひ一回おめにかかりたい」と結ぶのである。
 
こうたたみ掛けると著者はけっこう感激してくれて会ってくれる。本や著者に強く興味を持っても、実際に会うというアクションを起こす人はまずいないのだ。だから著者は、喜んであってくれるのだ。
 
しかもこちらから出かけてゆくのでコーヒーくらいはまず出してくれる。時々ではあるが飯まで食わせてくれることもある。「大学教授になる方法」の鷲田小彌太氏にいたっては、鉄砲玉面会決行のその日の夜に意気投合して、札幌ススキノの文壇バーでいっしょに酒まで飲んだこともある。鷲田氏が分析し構築した方法論を大いに参考にしてキャリアを拵えてきたので、この出会いがなければ今日の自分はないということになる。
 
いままで通算30回くらいこの鉄砲玉面会を使っているが、なんと断られたためしは一回もない。生涯百発百中を更新中だ。
 
鉄砲玉面会のいいところは無限だ。まず、著者のひととなりに直接触れることができる。昨日まで活字でしか知りえなかった著者が目の前1メートルのところに座っていて、読者である自分と生身の人間として一対一で対峙している図。これは感動ものだ。
 
そして、その著者の着眼点、問題意識、時代認識など直接話を聞くことができる。自分の見方、意見にも率直に意見をくれて、よくすると対話になり、新しい地平線が忽然と開けてくるのだ。たゆたゆしいモチベーションや豊饒なインスピレーションを得ることもできる。そして、関連する書物や文献も紹介してもらえる。さらには、当該分野の会ってみて面白い人、研究者、懇意にしている編集者などの紹介にあずかることができるのだ。
 
鉄砲玉面会もだんだん発展してくると、まず、会うからには相手に一目置かれなければいけない。つまり、ぎゃふんと言わせなくとも、厭味ったらしくなく、こいつはなかなかのヤツだと思わせるためには、その著者が書いたほとんどすべての著作物に目を通して、ポイントを理解しておく必要がある。すると論点、事実関係の整理の仕方がおのずとわかってくる。さらには、こういう角度から見ると別の見方や議論ができる、などなど一ひねり、二ひねりしたダイアローグが成立するようになるのだ。
 
鉄砲玉面会の味をしめた私は、その後、一貫して最低年に1-2回は実行している。相手は冒険家、実務家、小説家から専門領域で知的アウトプットを出す一流の学者まで様々だ。各段に読書生活の奥行が拡がり、人生の新しい地平がそこはかとなくも歴然と開けること必定である。
 
読書そして本の出版の裏ワザは鉄砲玉面会にあるのである。・・・とここまでツラツラ書いて気がついたのだが、鉄砲玉面会は読書・執筆に始まって人生諸般に資すること決して少なくないように思えるのだが。。

今は昔の皮と紙の古典古代的「手帳」

カテゴリー : モノ書き

Grad. schoolを終えた年から2008年まで20年使ってきたCoachのスケジューラ。BostonのNewbury streetあたりで求めたもの。

それ以降、各種プロジェクトワーク、原稿の〆、クライアントとの面談、旅行の日程、アウトドアのダンドリ、etc…いろんなことをこれ一冊でマネジメントしてきた。

いかんせん、Coachのスケジューラは皮と紙からできているので重い、重い。ブリーフケースの中でもけっこうな容積をとられてしまう。野外に持ち出すことも多々あり、ザックの中や自転車のフロントバックの中にしまっておくことも。

疲れるわ。こんなん、やってられんわ!

で、2008年あたりからクラウドにこれらを全部ぶちこむことにした。紙に書きとどめておく習慣がずいぶん長かったのでなんとなく不安もあった。でも、この不安、まったくの杞憂だった。

現在のワーク環境の90%はクラウドにガバッと移行している。

①スケジューラ、スケジューラにヒモついたノート

これだけでも、革新的だった。航空会社から送られてくる予約や決済確認のメールを貼っておくなどして、一元管理。iGoogleのToDoリストとの連携でさらに使い勝手がよくなる。

②Evernote

アイディア出し、ひとりブレスト、原稿、記事草稿おこし、メモ、etc…これは使える。使い勝手のいいほぼ無限大に拡張できる雑用ノート、画用紙といった感じ。

③Picasa

大容量の写真の保管に便利。いったん、ここに貯めておいてからブログなどのメディアに移す時に使う貯蔵庫のようなものだ。

④facebook

その時々の記憶や記録のクリップや自分ログや交流が中心だったのだが、このところ、Group機能をつかった各種コミュニティでのヤリトリが盛んに。Professional系の濃い議論や情報共有にはなかりパワフル。Cornell同窓会、Ivy leagueの集まりなんかもすべてここ。当初はまったく予想していなかったんだが、仕事の依頼もfacebook経由でやってくることが増えた。

                      ***

昔の皮と紙から出来上がっている「手帳」というメディアは旧態依然とした古典古代的シロモノ。今では、上記のサービスを、デスクトップPC、Mac Book Air、スマホで連携してカシャカシャやって使っている。

皮と紙からできていたCoachの手帳が、スマホに化けたという感じだが、それぞれ連携がとれるので知的生産性はぐっと上がっているように思える。

手帳ではコマギレの情報カンリだけだったものが、ネット系デジタル/クラウドを使うことによって、コマギレとコマギレの間に関係性が生じて、かつ外部への拡張性、こちらがわへの浸潤性、双方でのヤリトリがやりやすくなった。

あとは、それらを使いこなす、こっちがわ=人間のキャパを上げることが課題だ!

 

書き続ける持続的意思=コラムニストの命

カテゴリー : よもやま話、雑談

秋といえば学会。とある学会に出すペーパー書きで忙しく日経ITProの連載コラムとブログはご無沙汰。

ペーパーは英語。どうしても英文ペーパーに没頭している時は、読みこむ文献も、紡ぎだすアウトプットも英語なので、英語アタマになってしまうことが、日本語から自分自身を遠ざける真因じゃなかろうか。

英語モードのときは、日本語で書いているコラム、ブログのペースがガクんと落ちる。たぶん、相当無理して日本語⇔英語の言語境界を越境しているのだろう。

友人のオランダ人学者に、オランダ語、英語、ドイツ語、フランス語のトリリンガルならぬ、バイの2倍の「バイXバイ・リンガル」がいる。そいつは、日常的に4つの言語を話し、もちろん、それぞれがネイティブ・レベル。羨ましいかぎりだが、書く方になると、満遍なく書けるわけではなく、はやり、オランダ語⇒英語⇒ドイツ語⇒フランス語の順だと言う。

彼曰く、英語で書く日々がつづくと、どうしても他の言語で書くことが億劫になるそうな。

・・・なるほど、それならば、俺の突発性日本語筆不精も許されるだろう?

まあ、そんなことはどうでもいい。英語ペーパーのほうはなんとか終わりそうなので、日本語コラムのつづきに精を出さなきゃならんのだ。

書き続ける意思を持続的に持って、ストライクゾーンの縁のクサイ部分に文章というタマを投げ続けることが、コラムニストのコラムニストたる所以だ。