新著「医療看護イノベーション」表紙の件

カテゴリー : モノ書き

自動代替テキストはありません。

 新しい著書を汗水垂らしながらやっと出版することができた。この本のなかで最も気に入っているのが表紙の右下の不思議なイラスト。

とある不思議な出会いとご縁がきっかけとなり、この不思議なイラストが新著の表紙を飾ることになった。

その話をちょっと書き残しておこう。

2年前の夏、サイクリスト松下は北海道の然別湖畔でキャンプしていた。千歳、富良野、美瑛を自転車で巡り、層雲峡で自転車を野営場において大雪山を徒歩で駆けまわり、また自転車にまたがって、三国峠、幌鹿峠というけっこうデカい峠を登って下って、やっとの思いで辿り着いたのが然別湖北岸キャンプ場。

馬鹿のひとつ覚えのようにチャリで走りながらも、実は、チャリで無心に走っている時には、思いがけないアイディアが美しい風景のなかから風に乗って突如やってくるのだ。

身体活動にエネルギーを集中させ、言語活動を認知の底に沈め、言語が尽き果てた文脈に「それ」はやってくる。モノカキのアイディアは、言語が尽き果てた身体知の次元からやってくるとは、不思議といえば不思議か。

言葉の境位を越境し、そこに横たわる豊饒な身体知の次元を遊泳することによって、「それ」に遭遇することができるのだ。

「それ」つまり、拙著の構想を練り上げたのは、研究室や書斎の中ではなく、この自転車ツーリングの最中だった。自転車ツーリングは究極のアイディア・ジェネレータなのだ。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、水

疲れ切って泥のように寝て、起きた、その翌朝、霧が流れる静かな湖面を眺めていると、静謐な湖面を一艘のカヌーが朝霧のなかを静かに進んでいる。その神秘的なカヌーイストは湖岸に上がってくると、実に気さくで親切な人だった。

「いいですね、こんな朝から鏡のような湖面をカヌーで漕ぐなんて。あこがれます」

「よかったら漕ぎませんか?」

「うわぉ! いいんですか!」

ということで然別湖北岸の静謐さをたたえた湖面をカナディアン・カヌーで漕ぐという奇跡の時間を得たのだ。

嬉々として湖面を漕いでいると、カヌーに乗った品のいい美しい女性が声をかけてきた。カヌーを漕ぐ機会を与えてくれたカヌーイスト氏の奥さまだった。

至福のひと時を堪能して陸に上がり、奇跡の湖面の感動と感謝の気持ちをぼくは朴訥ながらもあらん限りの言葉を紡いで夫妻に語った。

その御夫婦とは幸いにもfacebookで繋がった。お子さんを連れた仲睦まじいご夫婦が然別湖の朝まだき、カナディアン・カヌーを静かに漕いでいる。

こんな幸福な風景はない。

自然と家族が調和している。

聞けば奥様は腕利きのイラストレータ。新著の表紙にふさわしいと思い、無理を頼んで、奥様のイラストを拙著の表紙に使わせていただいた。

不思議なご縁を頂いてできた、拙著の不思議な表紙なのだ。不思議にして繊細なイラストの上には「イノベーション」という大きな活字が横たわっている。

カナダでアウトドア

カテゴリー : ランニング

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然、水

 仕事で3週間ほどカナダのオンタリオ州にあるSt. Catherinesという小さな街にあるBrock Universityに滞在した。10数名の学生を連れてのカナダ短期留学プログラムを実施するためだ。

臨床英語、医療機関でのフィールド調査、各種アクティビティなど盛りだくさんの内容。朝から夕方までビッシリの内容だ。一日の日程が終わって学生を各ホームステイ先まで見送るの午後11時過ぎという日もあり、けっこうな超過勤務の日々だった。

さいわい、8月にもかかわらず暑い日はほとんどなく、朝夕は寒いくらい。湿度が低く爽やかな天候だ。なので、カナダに滞在する3週間は、なにがあっても、毎朝、そしてできれば夕方もジョギングを続けた。朝は5kmほど走ってから、近くのTim Hortonsというコーヒーショップに駆け込んで、コーヒーとクロワッサン。それから大学へ。

ある週末オンタリオ湖への往復で25kmほどの距離を走っている時、大学の幹部の女性が僕を見かけたという。その年に2回フルマラソンを完走しているランナー女史がわざわざ僕を大学で探し出してくれて、「いっしょに走りましょうよ」と嬉しいお誘いを受けた。ああだこうだ、お互いの話をしているうちに、ランニングもさることながら、ハイキングをしようということになった。

この街には美しい自然が拡がっている。湖沼や森林地帯にはBruce Trailという地道のトレールが延々と500kmも続いているのだ。その一部をいろいろ四方山話をしながら、歩く、歩く。その後、彼女のパートナー氏を交えて、地ビールを楽しみながらワイワイ、ガヤガヤ。そのパートナー氏というのが、年季の入ったサイクリストでビンテージパーツにも造詣が深く、Brooksの皮サドルやshimanoのディレラーの話など、これまた偏向したマニアックな方向に話が展開。

ランニング、ジョギング、自転車ツーリングはそれに注力する人の心肺機能や運動能力を強化してくれるのみならず、人を取り囲む交友の幅を各段に拡げてくれるのだ。個人のパワーアップにも良いし、人と人をとりむすぶ関係性の滋養にも良いのだ。

ランニング、ジョギング、自転車ツーリングは、個人の鍛錬、パワーアップにも効くし、個人のぐるりの関係性の涵養にも案外じわっと効くのだ。あたりまえといえば、あたりまえか。

物語りの刻印

カテゴリー : 交友

大学サイクリングクラブの1年先輩のI城さんの訃報が届いた。

ほどなく葬儀のあと、OB20名弱が大手町に集まった。大企業の役員や社長になっているOBもいれば、子供の貧困対策に高校教師の立場から見事なソリューションを立ち上げている先輩もいる。めでたく早々にビジネスから引退してご隠居生活を満喫している者もいる。

こういう多様な仲間に心のこもった追悼集会をやってもらえるなんて、I城さんよかったですね。

さて破天荒きわまりなかったI城さん。しかし、妹さんによると高校時代(四国一の進学校)までは品行方正だったらしく、これまたビックリだったのだが。

品行方正とは相容れない、破天荒で珍奇な一件がある。

おなじく破天荒という点では一脈通じるK田さんとI城さんと小生とで早稲田の西門から馬場下方面へ続く坂道を横切ってちょっと行ったところの飲み屋で飲んだことがあった。前夜、I城さんの手持ちの資金はアルバイトで稼いだ金を元手にして賭け麻雀で数倍となり、今晩はなにも心配するなということになったのだ。

飲んだ後大酒呑みの二人は、下戸の小生を連れて千鳥足で高田馬場駅前へ。当時は駅前のロータリーの真ん中あたりに噴水のような池のようなモノがあった。

I城さんさんいわく、「オマエ、水泳得意だよな。あの中で泳げ!」。K田さんいわく、「先輩の命令だぞ、泳げ!」

ということで夜になっても暑い夏の日だったので、まあそれもいいかと思い、コンクリートで囲まれた池の中に入り、反対側に向けて水の中を歩き始めてみる。すると水の中に潜んでいた管のようなものに足をとられ、アタマからザブンと水の中へ転げ落ちてしまった。

水の中から見上げれば、I城さん、K田さんは腹を抱えて笑い転げている。その回りには、飲んでからの帰り道とおぼしき通行人が20人くらいたむろして手をたたいたり、奇声を発したりして盛り上がっている。

ずぶぬれになって池から上がると、I城さんとK田さんは、「よくやった。でもオマエ、体冷えたろ?体温めにまた呑みに行くぞ!」

やれやれ。

お二人に比べ格段にアルコール許容量が少ない小生としてはいい迷惑なのだが、先輩の命とあっては従うしかない。まあ、先輩のおごりだからいいか。

ずぶぬれの若者を快く入れてくれるというか、そんなことは気にしない飲み屋が、当時の栄通りにはまだあったのだ。

おまけに呑んだくれて歩けなくなってしまったK田さんを栄通りから下宿までオンブして早稲田通りを歩くハメに。それでも酔ったK田さんをおんぶして、K田さんの下宿まで送り届け、力尽きた3人は狭いK田さんの下宿で翌日の昼過ぎまでドロのように寝たのであった。

学部学生時代のアホな一件。K田さんもすでに故人。そして、残念ながら、I城さんもその列に加わってしまった。

ゆえに、このアホな一件についてのこの世での記憶の継承者は小生のみになってしまった。薄ら寂しいことだ。

このようにして、その人をその人たらしめてきた記憶の累積は、逝ってしまうことによって徐々にその人を囲んでいた社会のネットワークから消えてしまうことになるのだろう。そして、また新しい記憶が新しい人たちによって付加され、累積されてゆく。こうして、集合的な、あるいは小さなコミュニティの記憶は連綿と新陳代謝を繰り返すことになる。

物語りの刻印。

亡き者の物語りが徐々に社会から消えてなくなることに抗することはできないだろう。しかし、人間の欲望とはキリがないというか、創意工夫には限度がないというか、SNSやブログを死後、ネットの世界に残してゆこうという動きが出てきている。

ゆえにこんな時代、ネット上にたわいもない物語り、あるいは狭隘で定性的なインフォメーションを敢えて刻印しておくということは、残された者と消えゆく運命にある共有された物語りへの、そして故人たちへの、彼らとの関係性への、せめてものリスペクトなのかもしれない。

ご冥福を祈るばかりである。


複雑系適応システムズ(complex adaptive systems)

カテゴリー : No book, no life.

複雑系適応システムズ・・・

複雑性はそれを見る人の目のなかにある・・・と言われるように、システミックなモノゴトを見る時には「構え」が本質的に大事になってくる。

2011.3.11の3日前のことだ。東工大の木嶋先生に呼ばれて、THE FOURTH ANNUAL WORKSHOP AND OPEN SYMPOSIUM ON SERVICE SYSTEMS SCIENCEに参加させていただいた時に、Mary C. Edsonさんと知り合った。

聞けば、学部はCornell hotel admin.ご出身とのこと。彼女が、COMPLEX ADAPTIVE SYSTEMS についてピリッとした秀逸なペーパーを書いている。しばらくして想い出し、一読。う~ん!こういうまとめ方、あったんだ。

SUMMARY OF THE FOURTH ANNUAL WORKSHOP AND OPEN SYMPOSIUM
ON SERVICE SYSTEMS SCIENCE AT TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY
Kyoichi Kijima, Ph.D. and Mary C. Edson, Ph.D. Tokyo Institute of Technology, Department of Value and Decision Science, Tokyo, Japan

Mary C. Edson:GROUP DEVELOPMENT: A COMPLEX ADAPTIVE SYSTEMS PERSPECTIVE

Mary C. Edson:A COMPLEX ADAPTIVE SYSTEMS VIEW OF RESILIENCE IN A PROJECT TEAM

 

たかが蕎麦屋と言うなかれ。

カテゴリー : 交友

 

オリンピックのつかのま、facebook繋がりの3人のちっちゃな飲み会があり、六本木の蕎麦屋で飲んできた。その3人というのが、ローカルカレッジは早稲田で、プロフェッショナル・スクールは、それぞれ、London Business School、Kellogg、Cornell。

さて、その蕎麦屋、名前をという。聞くところによると、荻窪の老舗「本むら庵」の息子さんがニューヨークで開店し、当地では番蕎麦のうまい店として長年、セレブリティー達の贔屓になってきたという。

その息子さんというのが、KelloggでMBAをとったプロフェッショナルな方で、日本に帰ってきてから開店したのが、HONNMURA AN。実は今回一緒に飲んで食べた女史も、Kelloggのご出身で、この息子さんとは長年のつきあいだということで、このお店で飲んだのだ。

江戸っ子は蕎麦で酒を飲む。この伝統をうまく経営戦略に応用しているのが、HONMURA ANだ。日本酒というよりはワインリストが充実して、客は、ワインなどとともに蕎麦をいただく。しかも店のつくりは、蕎麦屋とはほどとおり、お洒落なbarの雰囲気である。

伝統的なレンジの蕎麦屋では、ビールX日本酒X蕎麦の組み合わせで、客単価は1500~3000円前後が相場だろう。しかし、この店では、各種アルコール、特にワインリストが充実しており、どうしても、ワインが進んでしまう。結果、客単価は7000円超となる。事実、われわれの飲み会も、勘定を〆ると一人当たり9000円。おっと。

既存のものごとの新しい結合(neue kombination)がイノベーションの契機となるとといたのは、シュンペーター。このお店は、素材としての蕎麦、各種料理、アルコール類は、既存のモノだ。これらのモノはバリュー・チェーンに乗って調達され、料理され、客のテーブルに供される。

ポイントは、既存のモノを新しく結合させる「コト」つまりサービスの戦略。六本木で、面白い会話を、面白い場で楽しみたい、美味しいもの好き、新しいモノゴト好きな洒脱な人々が、ちょっと触れてみたい価値の演出が巧みだ。これが、このお店が醸し出している経験価値(value experience)なんだろうね。

このように、offeringは、モノ(product)とコト(service)の新しい組み合わせであり、そのofferingの「場」をいかにデザインしてゆくのかという経験価値つくりの新しい戦略なのである。ただし、offeringは店から客への一方通行ではなく、客とお店が共に創り上げてゆ価値(value co-creation)なんだろう。

たかが蕎麦屋と言うなかれ。かくしてイノベーティブな店でイノベーティブな会話に花が咲いたというわけ。研究テーマとしても面白いかもしれない。