Archives

8/31,9/1札幌市立大学認定看護管理者教育課程サードレベルにて、「ヘルスケアシステム論・ヘルスケアサービスの創造」について講演します。(オンライン)

7月24日(土)日本看護経済・政策研究学会学術集会「アフターコロナ時代における看護職者の働き方改革-コロナ禍を契機として看護職の働き方に変化はあるのかー」にて座長をします。

5/26(水) 9:00〜   東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻にて、集中講義。テーマは、チーム医療の成果評価、他職種協働のためのコンピテンシー、医療経営に活かすイノベーション&デザイン思考、医療看護イノベーションなど。

2021年度の担当授業@東京情報大学看護学部は:ヘルスケアサービス論(1年前期)、キャリアデザインとケアI(1年前期)、 キャリアデザインとケアII(2年前期)、 キャリアデザインとケアIII(3年前期)、 キャリアデザインとケアIV(4年後期)、看護とグローバルヘルス=カナダ短期留学(1,2年夏季休暇中に実施)、ヘルスケアマネジメント論(4年後期)、地域包括ケアと多職種連携(4年後期)、社会イノベーション論(4年後期)、卒業論文演習(4年前・後期)、ヘルスケアイノベーション特論(大学院)、看護と情報I(1年前期/一部のみ)  

ヘルスケアサービス論(1年前期) キャリアデザインとケアI(1年前期)、 キャリアデザインとケアII(2年前期) キャリアデザインとケアIII(3年前期)、 キャリアデザインとケアIV(4年後期) 看護とグロー...

6月26日(土)日本小児看護学会 第31回学術集会「子どもの“生きる“を支えるケア ~新しい発想での多職種、多分野とのコラボレーション~」にて講演とパネルに登壇します。

日本小児看護学会第31回学術集会「子どもの“生きる“を支えるケア ~新しい発想での多職種、多分野とのコラボレーション~」にて講演とパネルに登壇します。

1月30日(土) 栃木県助産協会、自治医科大学で「ヘルスケアイノベーションと助産師」の講演(オンライン)をします。

当日のチラシ

記事(miscellaneous)を寄稿しました。 松下博宣. 幸福な職場のための人事考課~コラボレーティブ・リーダーシップのすすめ~. 月刊ナースマネージャ. 22(10).

松下博宣. 幸福な職場のための人事考課~コラボレーティブ・リーダーシップのすすめ~. 月刊ナースマネージャ. 22(10).

12月5日(土)14:00~16:00「ヘルスケアイノベーションと助産師:地域包括ケアシステム変革のなか、助産師はどう生き残ってゆくのか?」のZOOM講演@北海道助産師会します。ここをクリックしてサイトで申し込みをすれば参加費無料です。

「ヘルスケアイノベーションと助産師:地域包括ケアシステム変革のなか、助産師はどう生き残ってゆくのか?」のZOOM講演@北海道助産師会します。12月5日(土)14:00~16:00 申し込み案内サイトで申し込みをすれば参加費無料です。

ペーパーをリリースしました。市川香織, 藤谷克己, 松下博宣(2020).  急性期病院の看護職が認識する多職種連携を推進する ために必要なコンピテンシーと自分が強いと認識する コンピテンシーのギャップ分析.  東京情報大学研究論集 Vol. 24 No. 1 pp. 11-22.

市川香織, 藤谷克己, 松下博宣(2020).  急性期病院の看護職が認識する多職種連携を推進する ために必要なコンピテンシーと自分が強いと認識する コンピテンシーのギャップ分析.  東京情報大学研究論集 Vol. 24 No. 1 pp....

9月20日 単著論文を出版しました。Hironobu Matsushita (2020). Innovation in Health Informatics. Health Informatics: Translating information into innovation (Matsushita ed.). Translational Systems Sciences Series 24. Springer Nature.pp. 1-23.

9月18日 共著論文をリリースしました。祝!本論文の筆頭著者の谷口優氏は、本論文の関連論文にてGeriatrics & Gerontology International から”Best Article Award 2019″を受賞しました。Yu Tanigucih and Hironobu Matsushita (2020) . A New Informatics: Trajectory Patterns in Health Indexes for Japanese Elders and Systemic Change to Life Course Approach.Health Informatics: Translating information into innovation ( Matsushita ed.). Translational Systems Sciences Series 24. Springer Nature. pp. 59-80.

9月18日 共著論文出版しました。Yukiyo Ikeda, Mutsutaka Kobayakawa, Hiroshi Nakao, Fumikazu Iseki, and Hironobu Matsushita (2020). Information Technology/Artificial Intelligence Innovations Needed for Better Quality of Life in Caregiving Homes. Health Informatics: Translating information into innovation (Matsushita ed.). Translational Systems Sciences Series 24. Springer Nature.pp. 37-58.

Yukiyo Ikeda, Mutsutaka Kobayakawa, Hiroshi Nakao, Fumikazu Iseki, and Hironobu Matsushita (2020). Information Technolog...

8月1日 松下博宣.「多職種連携とシステム科学~異界越境のすすめ~」.日本医療企画.ISBN:978-4-86439-927-2 を出版しました。

従来の多職種連携(チーム医療)は、診療、看護、診療補助、福祉、介護という縦割り体質を超克しようという試みにも拘わらず、医学、看護学、リハビリテーション学、社会福祉学、教育学、社会学、経営学、学習理論、組織行動理論、といった細分化された応用学...

7月27日 抄録論文リリースしました。松下博宣・市川香織・藤谷克己(2020). 多職種連携・チーム医療を推進するためのコラボレーティブ・リーダーシップ. 第21回日本医療情報学会看護学術大会論文集(2020. 6). p87-90.

松下博宣・市川香織・藤谷克己(2020). 多職種連携・チーム医療を推進するためのコラボレーティブ・リーダーシップ. 第21回日本医療情報学会看護学術大会論文集(2020. 6). p87-90.

7月19日、Hironobu Matsushita (2020). Translational Features of Competencies in Healthcare Innovation, G. S. Metcalf et al. (eds.), Handbook of Systems Sciences, Springer Nature Singapore Pte Ltd., p1-20.シュプリンガーネイチャーより、「ヘルスケアイノベーションにおけるコンピテンシーのトランスレーショナル特性」論文を出版しました。この論文は、メットカルフ、木嶋、出口諸氏編集の「システム科学ハンドブック」の1章として公開されています。

9月18日、日本看護経済・政策研究学会「チーム医療と多職種連携の革新 Zoom国際セミナー」にて講演、司会をします。

8月27日(日)、第23回日本臨床救急医学学会学術集会にて、教育講演(英語)Interprofessional Teamwork: “Creating diversity and equity for all actors”: A new stage play!(多職種連携のチームプレイ:「すべてのアクターのために多様性と平等性を創造する」新たな劇場へ! )@ZOOM by Dr. Carole Orchardの座長をします。於:国士舘大学 梅が丘校舎・世田谷校舎。ZOOMオンラインで実施。

9月26日と10月20日、静岡県看護協会認定看護管理者教育課程セカンドレベルにて「組織分析・組織診断、多職種協働、コラボレーティブ・リーダーシップ」の講義をします。

7月30日16:30~札幌市立大学大学院看護学研究科博士後期課程「看護学特講」の集中講義@ZOOMします。

新学期の授業は5月11日からです。開講科目は、ヘルスケアサービス論(1年生)、キャリアデザインとケアI,II,III,IV(1~4年生)、カナダ短期留学(本年度は休講)、卒業論文ゼミ(4年生)、ヘルスケアイノベーション論(大学院生)

タイトルとURLをコピーしました