ナイアガラの滝

<滝の縁までわずか数メートル>

カナダ短期留学の担当教員として、ナイアガラの滝は、この4年間連続で訪れている。滞在しているブロック大学のキャンパスからは車で20分の距離。自転車で走っていても1時間ちょっとの距離だから至近だ。

ナイアガラの滝は、エリー湖からオンタリオ湖に向かって流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっている。単独で流れる滝の水量では北米大陸で最大の規模を誇る。最大毎分168,000m³、平均毎分110,000m³の水量が轟音を立てて落下している。 なんといっても圧巻なのはカナダ滝の直上から。

<話をすることがでないほどの轟音>

有料の遊歩道の広場は滝のすぐ横。轟音なりひびく場所だ。ずぶ濡れになるので、25ドルの遊歩道体験料を払うとビニールのレインコートが支給される。

<垂れ下がった藻がなかなか渋い?>

滝の裏側には有料の遊歩道があり、滝を裏側からみることができる。なんてことはない。ただ、大量の水がけたたましく落ちている風景。観光として金を払って滝を楽しむのならば、ボートの方に軍配があがる。

アウトドアの場ではなく、観光スポットである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました