2012-09

ケア

地域のケアリング・ハブを目指す愛媛大学医学部付属病院

<副病院長・看護部長の田淵さんらとともに> このところ年に数回脚を運んで、講演、コンサルティング、コンピテンシー、職務満足調査などの共同研究プロジェクトなどのソリューションを分かち合っている愛媛大学医学部付属病院。 写真は前回お邪魔...
ものつくり

近畿中央病院での講演@サンシティパレス塚口

ちょっと前の話(2012年3月17日)になるが、近畿中央病院から招待講演に呼ばれた。その近畿中央病院は、すぐ至近にある高額所得者(ストック面)向け介護付き有料老人ホームのサンパレス塚口と、「医介連携」を行っている。その流れで、近畿中央病...
No book, no life.

複雑系適応システムズ(complex adaptive systems)

複雑系適応システムズ・・・ 複雑性はそれを見る人の目のなかにある・・・と言われるように、システミックなモノゴトを見る時には「構え」が本質的に大事になってくる。 2011.3.11の3日前のことだ。東工大の木嶋先生に呼ばれて、THE ...
アントレプレナーシップ

院内起業家だらけのワクワク府中病院

(2012/02/03 医療サービスマネジメント調査でインタビュー) 病院っていうのは、ワクワクするような所ではない。医療崩壊が喧伝される昨今、そこで働く医療スタッフも疲れ気味だ。でも、生長会府中病院のスタッフはとてもイキイキしている...
ケア

アメーバになった病院

(2012/2/03医療サービスマネジメント調査のためインタビュー) まさか、病院という建物がアメーバのように半透明になったわけではない。 松下記念病院は、京セラ式の「アメーバ経営」を独自に医療機関向けにカスタマイズした手法をフル活...
よもやま話、雑談

格安航空Jetstar、欠航も結構なり!?

北海道から帰ってくる時、ためしに格安航空Jetstarを使ってみた。 前々から、格安航空会社の地方発で羽田や成田に夜着陸する便は欠航になることがままあるとは聞いていた。 しかし、それが現実のもととなったので、一ユーザーの立場でまとめ...
札幌→知床岬人力移動記

羅臼から根室、そして札幌へ(6)~講義など~

<パニアバックに鹿の角。振り返えれば、知床が遠い> 羅臼で無事、知床エクスペディションは、なにはともあれ終わった。 Yくんはこれから自転車で、知床峠を越えて、斜里、網走、紋別と走り繋ぎ、宗谷岬さらには富良野あたりを目指すという。 ...
札幌→知床岬人力移動記

札幌から知床岬まで全行程人力移動の旅(5)~知床岬海岸線縦走3日目~

<知床岬をややウトロ側に回った地点> <昨日、知床岬にて> 知床岬を踏んだわれわれパーティーは大きな目的を達成したので、ここから先は、いわゆる帰路に属する。 知床岬から最も至近の船が接岸できる湾は文吉湾。したがって、知床岬を目...
システム思考

札幌から知床岬まで全行程人力移動の旅(4)~知床岬海岸線縦走2日目~禁断の岬

4:30、泥のように一晩寝て見ざめると、ほどなくして朝日がオホーツクの海に浮かび上がる。 8月の末とはいえ、さすがに朝夕の知床の海岸線は冷気が満ちている。 昨夜の満月といいい、今朝の朝日といい、好天に恵まれる至福に感謝だ。 食事を済ま...
シンクロニシティ

札幌から知床岬まで全行程人力移動の旅(3)~知床岬海岸線縦走1日目~We are in Shiretoko once in a blue moon.

<朝日に向かってエントリー> 朝4:30起床。5時過ぎには相泊のシーカヤックで航海を始めるエントリーポイントに到着。 いよいよ知床の海に初エントリーだ。 幸い、海はないでいる。ないだ海に朝日が昇る。 <相泊のあたり ダブル艇...
イノベーション

札幌から知床岬まで全行程人力移動の旅(2)~知床峠から相泊へ~

翌日は早朝から知床峠アタック。前半戦で狩勝峠、足寄峠、美幌峠などをクリアはしているが、この峠は甘くはない。なにせ、海抜0mから700m以上へと一気に高度を増してゆくからだ。 知床峠は、目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町とを一気に結ぶ国道334...
札幌→知床岬人力移動記

札幌から知床岬まで全行程人力移動の旅(1)~女満別からウトロへ~

<2012夏:札幌→知床岬全行程人力移動の全体図> 札幌から女満別までが前半の自転車ツーリング(上図黒字ルート、その概要はこちら)、そして女満別から知床峠を経て羅臼、知床岬までが後半の自転車+シーカヤック+徒歩縦走(上図の赤字ルート)...
タイトルとURLをコピーしました