爆弾と「アメリカの行動原理」

カテゴリー : No book, no life.

ちょっと前にムスリムの友人雑談していたら、はやりというか、なんというか、昨今の世相の話になった。その友人は、アメリカで大学を出て、オーストラリアでマスターをとって、日本人の奥さんと仲良くやっている。

さて、たしかにアメリカは自由の国だ。財産の相続、選挙、国政、タウン、カウンティ、州、そして連邦政府の運営に至るまで、自由の追求、あるいは自由を阻害するものの排斥には病的に熱心なところがある。そうすることによって、やっと自由を得て、保障することができるのだ。

でも社会の99%の人々は、社会の多数派、社会のマジョリティーとして自由を享受することができていないと憤慨している。史上最高値を更新しているダウ平均株価の熱狂をしりめに、あのウオール街占拠運動は、未だにちゃんと続いている。こんなことは、日本のメディアはまったく報道していないのだが。。

99%のなかでも、とくにイスラムの人々の「居心地」が急速に悪化している。ボストン・マラソンでの爆破事件を端緒にして、ますますその傾向が強くなっている。

99パーエントからも疎外される圧倒的少数者。その中の、怒れる人たち、阻害される人たち、体制に根本的な不満を持つ人たちは、たとえアメリカという国で成長し大人になっても、まったくもって、「立つ瀬」がない。自分の存在理由、自分の意見がまったく通らない社会で、「立つ瀬」を失った者に残されたものは「絶望」しかないのだろうか?

静かに覚醒している内向的な絶望が、攻撃の手段を持った時、内部からも外部からも制御の効かない不条理の暴力へと姿を変える。その不条理な暴力を、ヒステリックに排斥し、また懲らしめるという不条理の連鎖・・・。

でもな・・・、友人は言った。

友人:「そんなことで、アタマに来ていたらやってらんねー。だからオレはちゃんと勉強してアメリカの大学も出たし、オーストラリアの大学でマスターもとった。たえず、自覚的な少数者として社会に折り合いをつけていかなきゃ、ますます白い目で見られるわけさ」

私:「そりゃ、オマエはアタマもいいし、ビジネススキルもある。容量よく折り合いをつけていると思うよ」

友人:「いいか、ヒロ。おまえら日本人だって、アメリカでは悪辣なことを企む少数者として理不尽なレッテルをベタリと貼られていたんだせ。だからアメリカは、憲法を破ってまで日系人を強制収容所にぶち込んだし、ヒロシマ、ナガサキでアトミック・ボムを爆発させて『人道上の罪』を堂々とやってのけたんだぜ。オマエにはボストン・マラソン爆破事件容疑者の若造の気持ち、わかって欲しいんだよ」

私:「そこまで言うか!」

なるほど、彼に言わせれば、ボム=爆弾が、こういう文脈でつながってくるのだ。不意に仕掛けられる攻撃で平和がぶち壊される、そういう時のアメリカこそ、その行動原理の本質が現れるのだ。

・・・・健康であること、幸せをわかちあうランニングイベントで多数の人々を殺傷させた容疑者の動機とやらを、いずれ世界の注目を浴びるであろう裁判の過程で、とくと知りたいと思う。と同時に、今回の一件には、はからずもアメリカという国の行動原理の一端が、またも、顕現しつつあるように思えてしかたがないのだ。

そこで、この本を手にとって再読した次第。。著者の橋爪大三郎先生はこう書いている。

「しかし、最近のテロや国内の犯罪を見てみると、少数者の絶望をうまく回収するメカニズムが、もしかしたらアメリカには欠けているのかな、とも思われます」(p109)

もしかしたらではなく、そのメカニズは圧倒的に欠けていると思う。

 

重厚感溢れる「ケアの社会学」

カテゴリー : No book, no life.

やっと読み終えた重量感溢れる一冊。497ページで1ページ2段構えのテキスト構成という大部な本だ。社会学という切り口からケアを見つめ、よいケアとはなにかを徹底的に論述している。

さまざまな先進事例、成功事例、失敗事例が丹念な記述で紹介されている。これら事例に対する参与、足で稼いだ参与的な観察がとてもためになる。

生協福祉、ワーカーズ・コレクティブ、「このゆびとーまれ」、「ケアタウンたかのす」などについての分厚い記述は、なるほど、とても有用だ。

ただし、論理構成の面で、ちょっと気になったところをメモっておく。

「官/民/協/私の4セクターのうち、ケアのプロバイダーが民セクターに属すること、すなわち、市場に依存するオプションはさけたほうがよいとかねてからよいと考えてきた」(p236)とあるように、筆者は過度な民セクター、つまり市場のなかでCSRに担保されるにせよ利潤追求動機でケアサービスがなされることには反対の立場をとっている。

後ろの方では、「福祉多元社会を構成する4つの領域、官/民/協/私は、それぞれポランニの再配分、交換、互報性、贈与に対応する経済領域と考えることもできる」(p456)とも書いている。

協セクターに思い入れのある筆者の上野さんの立場からすれば、この立場自体はもっともなものだと思う。

ところがだ。「ケアとは、ニーズとサービスの交換である」p134と筆者は言うのだが、貨幣を媒介にしてニーズとサービスが「交換」される場は「市場」なのだから、市場を主たる活動の場とする民セクターをどうしても強く含意していまう。

だから、ここは、市場に依存するオプションを避けるという論点から言えば、「交換」であってはならないはずだ。概念構成と論理構成に工夫がいる。たとえば、こんなふうに論述してみたらどうだろう。つまり、

ケアとは与えて手のコンピテンシーと受け手のニーズが共鳴してサービスとして価値共創(value co-creation)されるものである。さらに言えば、ケアサービスシステムとは、与え手と受け手が共に創るサービスを持続的に生存可能なものことにするためのシステムである。

この本の後半の圧巻は、「福祉多元社会」を構想しているところだと思う。官/民/協/私は、対立でも、対抗でも、共存でも、まして、相互補完でもないはずだ。それぞれのセクターが、境界を融通無碍に越境して浸潤し、相互に「価値共創」して、はじめて「福祉多元社会」化にむけてのサービスイノベーションは実現されるはずだ。

こうすれば、スッキリして分かりやすい。