ヒューマニチュード

カテゴリー : ケア

 

Humanitudeは、英語読みをすればヒューマニチュードと発音するが、フランス語では”h”は発音しないので、ユマニチュードと読む。なので、以下ユマニチュードで。

これは、フランスのイヴ・ジネストとマレスコッティが提唱するコミュニケーションに力点を置いたケアリング手法の体系だ。介護が中心だが、日本の医師や看護師にもこの体系を取り入れて大きな成果を出しているケースが増えつつある。

さて、新生児は、オンギャーと生まれてから(第一の誕生)、家族など周囲の人間との関係性を経て「人間」として成長してゆく。これをユマニチュードでは第一の誕生と対比させて、「第二の誕生」とか「社会的な誕生」と呼んでいる。

第二の誕生では、他者との関係性の中で信頼関係、人間関係、絆などが生る。これば、ソーシャル・キャピタルに近い概念だ。ユマニチュードのユニークな点は、これを4つの人間の基本的な機能、つまり、①見る、②話す、③触れる、④立つ、に分類する。

第二の誕生で大切なのは、愛、優しさ、人としての人権の尊重。人は老いれば、身体機能や認知機能が低下する。これはどうしようもないことだ。このような状態を、ユマニチュードは肯定的に「第三の誕生」と呼ぶ。この点もユニークだ。

このような構えをベースにして、「第三の誕生」以降をケア、支援するものとして、様々な具体的な方法論がある。たとえば、

・介護者や医療者がこれから患者である老人に対して行うことを老人に同じ目線で、ゆっくり、しっかり語りかける。

・正面から患者の目を優しく見つめる。

・患者の身体に触れるときは掴む様な持ち方をせずに触れるようにする。

・赤ちゃん言葉や子ども向けの言葉は使わず、大人として接する、etc…

ユマニチュードの体系は、美しい階層構造を成している。つまり、(1)コミュニケーション方法・技法体系、(2)方法論、そして、(3)哲学である。これらによって普遍性と具体性をソフト・システムとして担保している。参考ブログ、その1その2記事

なので、いろいろなケアリングの場面のケアサービスをデザインできるのだ。緩和ケア、特養、口腔ケア、I在宅介護、訪問看護、デイサービス、ケア付き高齢者専用住宅・・・・・などのケアリング領域もさることながら、案外、ICUやCCUを含めるキュア領域にも活用可能だろう。

さて、サービスの提供者側は、技術的品質を高めるためにクリティカルパス、基準、手順など設計品質の側面から入ることが多い。ところが、顧客である患者が体感する品質は、設計品質ではなく、知覚品質だ。知覚品質は、さらに関係性品質に大きく左右される。

ヒューマン・サービスという観点で見ると、ユマニチュードの技法は、知覚品質と関係性品質の側面から、患者満足を高め、そして臨床的効果を高めることを狙ったものだ。そして、メタ思考を規定する哲学的フレームから、ソリューションとしての具体的な方法論、方法が整っているのが素晴らしい。

医療・保健・福祉の専門分野は、タテ割りのハードスキル教育が幅を利かせている。ややもするとバランスを欠きがちになるこれらの体系に必要なものは、リベラルアーツ(自由文芸七科目という狭義のそれではない)であり、専門分野横断的なソフトスキルだ。ユマニチュードは日本の保健、医療、福祉サービスの足りない部分を真正面から衝いている。

以上のような点から、ヒューマンサービスの新しい方向として注目なのだ。

 

反抗そして知的放浪としての留学

カテゴリー : アメリカ

Cornell-University             (コーネル大学)

留学の「効用」とはなにか?

確固たる専門を持ちたい・・・。英語を研鑽したい・・・。異文化間コミュニケーション能力を伸ばしたい・・・。まっとうなビジネススキルを身につけたい・・・。泊をつけたい・・・。高い報酬を得たい。

だいたいこんなものか。しかし、これらは表層的な、あるいは処世術的なうわべの理由にすぎないのではないだろうか。

20代の自分の場合、とてもじゃないけど、このまま日本のねちっとした同質性や同調圧力に囲まれて、平平凡凡な青年でいつづけることへの鬱勃かつ歴然とした反抗だったのだ。

そこには日本の大学システムへの反抗もあった。だいたい日本で教えられている社会科学(とくに経済、経営管理系)ほとんどが輸入学問をモトにした言説で構成されたもの、つまり、ウソっぽいのだ。

だからやや過激な表現を使うとなると、「日本の和製インチキ大学院」(日本人の、日本人による、日本人のためのという、ドメスティックで内に閉じた和製学問の自己撞着の場所)へ行くことは、実は、知的な敗退以外のなにものでもないのだ。この点では、東大も、早稲田も、慶応もまったく同じだ。(・・・と当時のぼくは確信していた)

社会科学(social science)の本場は間違いなくアメリカである。そして数ある米国の大学のなかでも、学ぶべき大学はアイビーリーグなどトップ層の数校しかないのである。それ以外はダメだ。

日本の大学に対する反抗。そしてあからさまな全否定。

日本の大学に棲息したり、日本の大学にいくばくかの権威を見出したい人達から見れば、エキセントリックで危険な思想だろう。

「ナマイキにもほどがある。なにを、このアメリカかぶれのエリート主義者め」こんな声が聞こえてくる。

かってに言ってろ。(・・・と当時のぼくはそのような声を無視し否定していた)

これほどさように、留学とは、野心に溢れ、コワイものもあまり知らず、一貫性を求め、危うい自己効力感を求める若者にとっては、ほとんど自転車ツーリングの放浪のようなものだったのだ。

反抗としての放浪。

ただし、たんなる放浪ではなく知的放浪である。

リスクを冒して、山に分け入り、谷や峠を越え、ピークをつき、テントで寝る。

自分でゴール=問題を設定し、自分でカラダを張って自分の行くべき道を見つけてゆく。

それでいいのではないか。

放浪したいヤツが自分のリスクで放浪する。そして、自分だけの一流を目指す。

やりたくないヤツは、やらない。

ほんとうにせっぱつまらずに、なんとなく留学するヤツの中には、英語など外国語スキルも伸びないし、異文化間コミュ力だってしょぼい人はゴマンといる。専門性もなし。チャラい語学学校通いだけ。ディグリーもとらずに、現地にもなじまずに。

・ちょこっと留学して帰ってこれば、「グローバル人材」ですか(笑)

・大学を国際化して「グローバル人材」=海外の大学で学ぶ日本人留学生を増やせば、長期的に日本の国力があがるんですか(笑)

・多少英語をしゃべれるようになって、それなりの体裁のいいコンピテンシーのセットをパッケージすれば「グローバル人材」なんですか(笑)

・・・バカ言うのも、ほどほどにせいよ!!!

「グローバル人材」なんていう日本だけに流通している特殊用語の周りに渦巻く言説は、どうも嘘くさい。

知的放浪としての留学は、特異な反抗に突き動かされる少数のマイノリティ=奇人変人であってこそ、効用があるのだ。

留学とは、反抗そして知的放浪なのである。

 

The Naples Forum on Services

カテゴリー : サービス思考

 ちょっと前のことになるが、ナポリの沖に浮かぶイスキア島で開かれた国際会議、The Naples Forum on Servicesに参加してきた。マジメな参加記録(エッセー風というか出張レポート風・・)はこちらから。

雑談好きの僕にとっては、国際会議の合間、合間の食事、イベント、飲み会などでの”small talk”を織り交ぜた社交がこのうえもなく楽しいのだ。

その国際会議での主目的は、ここ数年リサーチしてきた“Value-in-context of Healthcare: What Human Factors Differentiate Value of Nursing Services?”についての発表。でも、じつのところ、北欧、ニュージーランド、UK、ドイツ、ベルギー、台湾からやってきた研究者や実務家と、ああだこうだ、美味しいワインを飲みながらウンチクを語り合うほうが楽しい。

いつからこうなったか?というと、たぶんアメリカに留学してからだ。日本人がいないフラタニティ・ハウスのブラザーだったので、やたら”small talk”の幅が増え、いろいろな奴らと盛り上がって、なんからかのピリッとしたアウトプットをその場で共有することの大切さが肌身に沁み込んだのかも。もしかしたら、留学の副次的効用とはこんなところにもあるのかもしれない。


北欧型サービス志向のマネジメント

カテゴリー : No book, no life.

マーケティングの実践と理論構築ではアメリカがリードしているといわれている。とりわけノースウェスタン大学ビジネススクールで教鞭をとるフィリップ・コトラー先生のマーケティングの理論体系化での功績は大きいと思う。

コトラーはちょくちょく日本に来ている。数ヶ月前に、ノースウェスタン大学B schoolの卒業生がコトラー先生と一緒に写真に納まっている風景をfacebookにアップしていたっけ。

6月にイタリアでサービスを焦点を絞ってさまざまな角度から議論する国際会議The Naples Forum on Servicesに参加してきた。そのなかで、サービスに関するNordic Schoolに属する研究者の発表をたくさん聞いてきた。なるほど、サービスについては、北欧学派がアメリカのマーケティング界も含めて世界を牽引していることを実感した。

さて、帰国してから、札幌市立大学(この大学で客員教授をやっている)の大学院で医療・保健・福祉サービスのマネジメントに関する集中講義を行う機会をもった。毎年夏の恒例となっている。講義の合間に札幌の紀伊国屋をブラブラしている時に遭遇したのがこの本。

この学派の代表的論者、グルンルースによる最も評価・利用されている最新のテキスト(第3版)の邦訳だ。コトラーが本書を評して脱帽したそうな。サービス・ビジネス、サービスマネジメント、製造業のサービス化などを学ぶための必読文献だろう。

と同時に、医療・保健・福祉など本来「サービス」でありながら、そのサービス性にあまり注目してこなかったセクターにとっても実に示唆に富んでいる。